心の弱さを感じる時

なぜあの人は意地悪をするのでしょう

投稿日:

Flachovatereza / Pixabay

「なぜ、あの人は意地悪をするのだろう」

「どうしてわたしは、意地悪をしてしまうのだろう」

なぜだとおもいますか?

それは、「自分のことがきらい」だからです。

意地悪をする人は、自分のことが嫌いだから、人に意地悪をするのです。

自分は「だめな人間」と心の底で思い込んでいるので、

その自己嫌悪を紛らわせて、自分は価値があると思いたいからこそ、

人に意地悪をしてしまうのです。

利己的な人、自分勝手で自己中心に見える人も、

実は「自分のことがきらい」なので、

自分には価値があると、慰めたくて、自分のことばかりを考えるのです。

利己的な人とは、「自分が嫌いな人」なのです。

ではナルシストはどうなのでしょう。

「自分が大好き」なのではないでしょうか。

でも、よく考えてみてほしいのです。

本当に自分が好きな人は、ナルシストになるでしょうか?

むしろ、本当は自分のことが嫌いで劣等感があるので、

「自分が大好き」という振る舞いをして、自分を慰めているのではないでしょうか?

本人が気づいていてもいなくても、

意地悪な人、利己的な人、ナルシストは、実は「自分のことが嫌いな人たち」

さらに、実は誰かのために何かをする人のなかにも、自分のことが嫌いな人がいます。

だれかに何かをしてあげることで、「だめな自分」ではないことを、認めたいという動機がある人です。

意地悪、自己中心、ナルシスト、利他主義という、不自然な状態から解放されて、

活き活きとした人生を送るためには、どうしたらいいのでしょう。

それは実に簡単なんことです。

「そのままの自分を、ただ好きになればいい」のです。

 

 



-心の弱さを感じる時

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

あなたを決して捨てない存在がいます。だから大丈夫です

RitaE / Pixabay こんな話を聞いたことがあります。 朝鮮戦争のとき、アメリカの兵士が激しい戦場に向かいました。やがて音信が途絶え、彼はなくなったのではないかとご両親は思いあきらめていまし …

「ぼんやりする」

Engin_Akyurt / Pixabay 「ぼんやりしているのは人間にとって非常に大切な時間である。単に漠然と言っているわけではなく、この間に、本人はどの程度意識しているか分からないが、必ず貯えら …

人は一人では生きられないけれど、友達がたくさん必要なわけじゃないんです。

Bess-Hamiti / Pixabay 第二次世界大戦が終結してから29年の時を経て、フィリピン・ルバング島から日本へ帰還を果たした小野田さんが、 晩年自身が主催していた自然塾で「人は一人では生き …

何かしなければ自分には価値がないと、勘違いしている人への解毒メッセージ

HeungSoon / Pixabay なにかをするには、何かをされる人が必要 今日も、なにも良いことをしなかった。 それなのに、こうして生きている。 自分は、無駄に生きているんじゃないか。 &nbs …

死さえ乗り越えさせるユーモアーの力

ast25rulos / Pixabay 「死生学」の専門家が語るユーモアーの勧め ドイツ人で、かつて上智大学で「死生学」をお教えておられた、アルフォンス・デーケン先生の「よく生き よく笑い よき死と …