心と体の健康について 心の弱さを感じる時

ハーブという薬草のもっている癒やしの力

投稿日:

Couleur / Pixabay

ハーブは何故からだにいいのでしょう

化学調味料や人工甘味料など、不自然なものを毎日口にしている現代人。

現代人がイライラしていたり、鬱の人が多いことも、毎日の食べ物と無関係ではないのではないでしょうか。

自然のものに触れる機会を増やすなら、緊張は休まり、もっと穏やかに生きられる人が増えるようにも思います。

ハーブという薬草には、ローズヒップやカモミール、ラベンダーなどがありますが、

薬草は何故、私たちのこころやからだを整える力があるのか、ご存知でしたか?

◎植物が自分の身を守るために作り出すのが、フィトケミカル成分

植物は、自分が食べられないように、自分の身を守ったり、細胞の酸化を防ぐ成分、虫の嫌いな香りや、菌に抗う成分などを作っているのです。

それをフィトケミカル成分と呼びます。天然の植物化学物質です。

その力が特に強いもの、そして人間に役立つ薬草をハーブと呼びます。

実に、太古の昔から世界中で心身の健康や美容に役立てられてきたのです。

フィトケミカル物質は、ひとつの植物に何百何千と含まれています。そして、有機的に働いて、人間をはじめとする動物の健康も保ってくれるのです。

西洋の医学や薬とは違い、多種多様な成分が含まれているハーブは、多方面に作用します。

 

例えば胃腸を整えながら、心も安定させたり、肌の調子を整えることもできるのです。

また多種多様な成分が少量ずつ含まれているので、比較的副作用もないことも、ありがたいことです。

 

◎ハーブの主な働き

ハーブの効能は、それぞれの植物により違います。主な働きには以下のものがあります。

・優れた抗酸化作用

紫外線や酸素による酸化を防ぐためにフラボノイドやアントシアニン、ポリフェノールなどの優れた抗酸化成分を含んでいます。

酸化=老化ですので、抗酸化作用の高いハーブはアンチエイジングの働きも高いと言えます。

・デトックス

優れた利尿作用や発汗作用のあるハーブも多く、デトックスにハーブティーは最適です。

・植物美容

ハーブの成分によって、内側から肌が美しくなります。ハーブから作られた製品(アロマオイルや植物オイルなど)をスキンケアに使うこともできます。

・栄養素の補給

フィトケミカル成分はもちろん、各種ビタミンや各種ミネラルが多く含まれています。ハーブティーを飲み、ハーブを料理で食べることで、栄養補給ができます。

・自然治癒力のサポート

さらに、心地よい香りが自律神経によい刺激を与えることが知られていて、人間に元々備わっている自然治癒力の働きをハーブはサポートします。

 

たかがハーブティ、されどハーブティ。

長期的に体を自然なリズムに整えていくための、「知恵」として

今後ますます注目されていくことでしょうね。

 

→「精神の安定と睡眠不足に聞くハーブティを試してみました」

 

-心と体の健康について, 心の弱さを感じる時

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

関連記事

体の不調に「玄米スープ」がお勧め(作り方)

玄米には、体に必要な栄養が沢山あることはわかっていても、 炊くのが大変ですね。消化も悪いし・・・ 栄養分をそのままスープにするという手があるんです。 我が家は体の不調などの時に、この玄米スープを作って …

渡辺和子さんも、鬱に苦しんでいた時期がありました

KIMDAEJEUNG / Pixabay 著書『置かれた場所で咲きなさい』で有名な、故渡辺和子さん 渡辺和子(ウィキペディア)   渡辺さんの書かれたエッセーの中に、ご自分が鬱になったとき …

心配事が頭から離れないストレス から自由になるために

PoseMuse / Pixabay 心配事という考え方の癖 あなたは今、何か心配事があるので、この記事を読んでくださっているのだと思います。 心配事とは、未来に起こるかもしれないことを、今、先取りし …

自分に自信がなく、人の目が気になってばかりでも大丈夫。強くなれます。

lightstargod / Pixabay まず、「自分に自信がなくて、人の目が気になる」のは、あなただけではないですよ。安心してください。 そして、あなたのせいでもないのです。 これは日本人にとて …

鬱には薬よりもハーブティーがいい

duy_ittn / Pixabay 人はだれしも辛い出来事やストレスによって「うつ状態」になるものです。 わたしも、とても辛い時期、「何もする気が起きない」「本を読む集中力もない」 「心が痛くて辛い …

執筆者について

執筆者:しゅういち

東京、山形などで牧師をし、現在は東京都小平市の花小金井キリスト教会で牧師をしています。牧師になるまえは、プロの吹奏楽団で仕事をしていました。

世界のベストセラーである「聖書」から、毎週日曜日、わかりやすくおはなししています。教会のホームページもどうぞご覧ください。

→詳しいプロフィールはこちら