心と体の健康について 心の弱さを感じる時

老後や一人暮らしの不安、孤独を和らげるために今からできること

投稿日:2018年1月12日 更新日:

今、家族関係にいろいろと問題があって、一人で生活しなければならない高齢者や若い人が増えています。

 

健康なときは、ひとり暮らしは気楽でいいと思っても、心のどこかで、将来病気になったらどうしよう、孤独死するのかなと、不安を感じることもあると思うのです。

 

老後の孤独に対する不安を、だれもが一度くらいは考えたことがあるのではないでしょうか。

 

今はまだ大丈夫。友人もいると思っていても、だんだん疎遠になったり、先に亡くなったり、そういうことが起こってくるもの。

 

年金や貯金というお金の問題も大切ですが、いくらお金があっても、将来に対する不安は、いつも付きまとうものです。

では今から将来の孤独に対して、なにかできることはあるでしょうか。

これからお伝えすることが、ヒントとなり、将来に希望が見えてくることを願っています。

 

歳を重ねると孤独になっていく理由とは?

孤独になっていく理由はある意味簡単です。わずらわしい関係、社会との繋がりを”自ら”切り離していくからです。

 

これは年齢に関係なく、独身や結婚していても同じです。
人は人間関係を欲していながら、同時に人間関係に疲れてしまうというジレンマを抱えています。

 

ヤマアラシの夫婦の逸話があります。

寒い冬の日。ヤマアラシの夫婦はお互いの体を寄せ合って、温めあいたいと願い近寄ります。しかし、近づくとお互いの体のとげで、相手の傷つけてしまうのです。
近づきすぎると気づ付けあい、とはいっても離れすぎてもさびしい。
そんなことを繰り返しているうちに、適当な距離感に落ち着いていくというお話です。

会社の人とは、会社だけの繋がりと、適当な距離感を保ちたい。
伴侶とも、適当な距離を保ちたい。

 

親や義両親との関わり、介護についても、適当な距離を保ちたい。

 

そういう人間関係を作ってきたなかで、自分の本当の気持ちを、聞いてくれる関係や、相手の本当の気持ちを語ってくれる関係が、どんどんなくなっていくのです。

表面的な関係。うわべの関係。仮面夫婦。

心から分かり合える「友」もいないまま、それがあたりまえのようになって、ただ毎日目の前のこと、掃除、洗濯、料理を繰り返している日々。

たしかに、健康なうちは生活していくことはできるけれども、困ったときに親身になって話を聞いてくれる人が、どれだけいるでしょうか。

 

友達といえる人も、学生時代の友人か会社の仲間くらい。同世代の人たちは、就職・転職・結婚・出産などで、場所も価値観も、どんどん遠くなっていく。

 

そして気が付くと、自分一人になっているのです。周りに人がいないわけではないのです。近所に人はいるし、親戚も知り合いもいるけれども、もはやその人たちと「話すことがない」状態になってしまうのです。

自分の心の想いを、お互いの想いを語り合ったり、笑いあったり、支え合ったりする人が、いないのです。

 

じゃあ、どうすればいいの?

それなら新たな友人や知人を作ればいい、という話になります。しかし若い時でも友達を作ることは簡単なことではありません。共通の趣味や出会う場所がなければ、友人や知人はなかなかできないものです。

 

それに加え、どういう人と繋がるかも大切です。お互いが相手の利用したり、支配したりするのではなく、尊重し合う関係でなければ、わずらわしいだけです。

お互いに相手から必要にされている関係が大切です。

 

自分が必要とされている。また、自分が困ったときに頼ることができる。

そういう人が一人でも与えられたら、老後の孤独の不安から、解放されることでしょう。

それは必ずしも同じ年代でなければならないということはないのです。
むしろ、高齢者の経験を、若い人たちは必要としていますし、若い人たちの助けを高齢者は必要としているわけです。

人生の先輩から教わる知恵。 また若い人たちの柔軟な考え方。
さまざまな違いこそが、お互いを必要とする「価値」となるのです。

「あなたとあえて、本当によかった」

死ぬまぎわに、そういうことを言ってもらえるような関係。

人の本当の幸せは、そういう関係を体験していきるところにあると思うのです。

でも、そんな出会いなんて、いったいどこにあるのかと、思うでしょうね。

意外ですが、教会という知られざるコミュニティーがあります

 

年齢や仕事や立場が全く違う人々が集って、互いを大切にしあっているコミュニティーに教会があります。

日本においては、教会というイメージは「清く正しい人たちの集まり」というイメージが強いですが、

むしろ、どんな人でも、神様に愛されて、目的をもって生かされた、価値ある人

と信じる人々の集まりとして、

様々な問題を抱えた人々が集い、支え合っているコミュニティーでもあるのです。

 

サークルなら、趣味を中心に人が集まります。

うまい人下手な人という分け隔てができたり、趣味だけの表面的な付き合いで終わりますが、

 

教会という集まりは、まったく違う人々が、心をひらいて触れ合う場にもなるのです。

 

具体的にはお互いのために、お祈りをしたり、話をきいたり、助け合ったり、支え合ったりするわけです。

 

ただ、教会にも様々な教会があって、必ずしも、雰囲気のいい教会だけではないようです。

行ってみて、雰囲気が悪かったら、近寄らないほうがいいかもしれません。

 

 

でも、もし孤独を感じているなら、

インターネットで教会のホームページを調べてみて、

温かな雰囲気の近くの教会に、

一度行ってみるのも、おすすめです。

孤独を和らげるための、助けになると思います。

 



 

→ひとり暮らしの親に、今からできるあること

-心と体の健康について, 心の弱さを感じる時

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

関連記事

株とか仮想通貨の暴落で、お金を失ってもう生きられないと思っている人に

Mediamodifier / Pixabay お金を儲けようと、仮想通貨や株に投資していたお金を 暴落によってすべて失ってしまったとします。 そのとき、人はお金を失ってしまった喪失感と、これからの生 …

心の病に安易に薬を飲んではいけない

rtdisoho / Pixabay 「心の病に薬はいらない」著:内海聡(うつみさとる)から、鬱や心の病を薬によって治そうとすることの危険性について、短くお伝えします。   重要な部分を引用 …

自分は変わりたいのに、変われないのはなぜ

VanVangelis / Pixabay 自己啓発の本を読んで、否定的な考え方よりも前向きな考え方をするようにしたいと思っても、しばらくするとまた、もとの否定的な考えに戻っていませんか。 そしてまた …

なぜあの人は意地悪をするのでしょう

Flachovatereza / Pixabay 「なぜ、あの人は意地悪をするのだろう」 「どうしてわたしは、意地悪をしてしまうのだろう」 なぜだとおもいますか? それは、「自分のことがきらい」だから …

教会は何屋さん

Pexels / Pixabay <教会は何屋さん> 床屋さんには、髪を切りに行きますね。床屋さんに行って、「薬をください」といっても、「そんなものはないよ」と言われます。学校に行って「ラーメンをくだ …

執筆者について

執筆者:しゅういち

東京、山形などで牧師をし、現在は東京都小平市の花小金井キリスト教会で牧師をしています。牧師になるまえは、プロの吹奏楽団で仕事をしていました。

世界のベストセラーである「聖書」から、毎週日曜日、わかりやすくおはなししています。教会のホームページもどうぞご覧ください。

→詳しいプロフィールはこちら