心の弱さを感じる時

自分を傷つけた親も、その親に傷つけられてきた

投稿日:2018年1月5日 更新日:

Free-Photos / Pixabay

わたしは若いころ、親の態度や言葉に傷つくこともあり、自分や他人を心の中で責めることの多い時期がありました。最近、それに関連した、このような言葉と出会いました。

「心を傷つけられた子は、多くの場合、罪意識を持つようになります。成長するにつれ、抱え込んでいる罪の意識から解放されようと、自分よりもさらに弱い者、幼い者の失敗を責め、彼らが罪の意識を持つように追い込むことで、世代から世代へと罪の意識が引き継がれていきます」

(ジャン・ヴァニエ)

 

親の態度や言葉の背後には、彼ら自身も子どものときに親から受けた傷があった。

そのことに気付き、理解し、ゆるすとき、人は過去の束縛から解き放たれ始めるのでしょう。

自分も親も、愛において不完全な人間。

決して変わることのない完全な愛を、人は持ち合わせていない。

それでも人は、この自分をそのありのままで認め、受け入れ、愛してくれる存在を求めているのです。

「あなたがたの天の父は、あなたがたの必要を知っていてくださる」と語る聖書が、

数千年もの間、全世界で読まれ続けている理由は、

きっとここにあるのでしょう。

-心の弱さを感じる時

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

関連記事

体の不調に「玄米スープ」がお勧め(作り方)

玄米には、体に必要な栄養が沢山あることはわかっていても、 炊くのが大変ですね。消化も悪いし・・・ 栄養分をそのままスープにするという手があるんです。 我が家は体の不調などの時に、この玄米スープを作って …

あなたを決して捨てない存在がいます。だから大丈夫です

RitaE / Pixabay こんな話を聞いたことがあります。 朝鮮戦争のとき、アメリカの兵士が激しい戦場に向かいました。やがて音信が途絶え、彼はなくなったのではないかとご両親は思いあきらめていまし …

老後や一人暮らしの不安、孤独を和らげるために今からできること

今、家族関係にいろいろと問題があって、一人で生活しなければならない高齢者や若い人が増えています。   健康なときは、ひとり暮らしは気楽でいいと思っても、心のどこかで、将来病気になったらどうし …

生きる喜びがないとき

congerdesign / Pixabay 旧約聖書 コヘレトの言葉4章から 「すでに死んだ人を、幸いだと言おう。さらに生きていかなければならない人よりは幸いだ。いや、その両者よりも幸福なのは、生ま …

人間関係を築く上で、まず大切なことは

Capri23auto / Pixabay 人間にとって、人間関係ほど大切なものはありませんね。 とくに身近な人との関係が良好であればあるほど、人は幸せを感じるものだと思います。 そして同時に、身近な …

執筆者について

執筆者:しゅういち

東京、山形などで牧師をし、現在は東京都小平市の花小金井キリスト教会で牧師をしています。牧師になるまえは、プロの吹奏楽団で仕事をしていました。

世界のベストセラーである「聖書」から、毎週日曜日、わかりやすくおはなししています。教会のホームページもどうぞご覧ください。

→詳しいプロフィールはこちら