「 投稿者アーカイブ:しゅうちゃん 」 一覧

<マタイ4章>目の前の誘惑に勝利し永遠の繁栄へと

congerdesign / Pixabay マタイによる福音書4章を読んでの黙想 誘惑を受ける1さて、イエスは悪魔から誘惑を受けるため、“霊”に導かれて荒れ野に行かれた。 2そして四十日間 …

<マタイ5章>「幸いはここに」

マタイによる福音書5章を読んでの黙想山上の説教を始める1イエスはこの群衆を見て、山に登られた。腰を下ろされると、弟子たちが近くに寄って来た。 2そこで、イエスは口を開き、教えられた。幸い3「心の貧しい …

<マタイ6章>必要は与えられる

StockSnap / Pixabay マタイによる福音書6章を読んでの黙想 施しをするときには1「見てもらおうとして、人の前で善行をしないように注意しなさい。さもないと、あなたがたの天の父のもとで報 …

<マタイ7章>自分と違った人と、仲良く生きるためには

Ben_Kerckx / Pixabay マタイによる福音書7章を読んで黙想 「人を裁くな。あなたがたも裁かれないようにするためである」 7:1 「人を裁くな。あなたがたも裁かれないようにするためであ …

<マタイ8章>イエス・キリストのことばには力がある

マタイによる福音書8章を読んで黙想 8:26 イエスは言われた。「なぜ怖がるのか。信仰の薄い者たちよ。」そして、起き上がって風と湖とをお叱りになると、すっかり凪になった。 8:27 人々は驚いて、「い …

<マタイ9章>新しい生き方へ

マタイによる福音書9章を読み、黙想。 9:17 新しいぶどう酒を古い革袋に入れる者はいない。そんなことをすれば、革袋は破れ、ぶどう酒は流れ出て、革袋もだめになる。新しいぶどう酒は、新しい革袋に入れるも …

<マタイ10章>あなたとイエス・キリストとの関係は?

マタイによる福音書10章の黙想です。 10:32 「だから、だれでも人々の前で自分をわたしの仲間であると言い表す者は、わたしも天の父の前で、その人をわたしの仲間であると言い表す。 10:33 しかし、 …

<マタイ11章>イエス・キリストにある安らぎ

マタイによる福音書の11章からの黙想です。 ◆洗礼者ヨハネとイエス 11:2 ヨハネは牢の中で、キリストのなさったことを聞いた。そこで、自分の弟子たちを送って、 11:3 尋ねさせた。「来るべき方は、 …

映画「長いお別れ」を観て

2019/06/07   -映画

「長いお別れ」を観てきました。原作は中島京子さんの小説です。 ストーリーは、 父・昇平の70歳の誕生日で久しぶりに集まった二人の娘たち。元中学の校長だった厳格な父が認知症になったことを母から告げられる …

<マタイ12章>神の国はあなたたちのところに来ている

マタイによる福音書 12章を読んでの黙想です 安息日に麦の穂を摘む1そのころ、ある安息日にイエスは麦畑を通られた。弟子たちは空腹になったので、麦の穂を摘んで食べ始めた。 2ファリサイ派の人々 …

妻が怖い理由③ 気づかずに、言ってはいけないセリフを言ってしまった・・・「妻のトリセツ」を読んで

2019/06/06   -夫婦関係

composita / Pixabay 「ああもっと早く、この言葉が禁句だと知っていたら」と、嘆く男性はきっと多いことでしょう。

<マタイ13章>言葉の力

マタイによる福音書13章を読んでの黙想 「種を蒔く人」のたとえ1その日、イエスは家を出て、湖のほとりに座っておられた。 2すると、大勢の群衆がそばに集まって来たので、イエスは舟に乗って腰を下 …

<マタイ14章>恐れることはない

congerdesign / Pixabay マタイによる福音書14章を読んでの黙想です 洗礼者ヨハネ、殺される1そのころ、領主ヘロデはイエスの評判を聞き、 2家来たちにこう言った。「あれは …

<マタイ15章>心からでてくるものは?

Ben_Kerckx / Pixabay マタイによる福音書15章を読んでの黙想です。 昔の人の言い伝え1そのころ、ファリサイ派の人々と律法学者たちが、エルサレムからイエスのもとへ来て言った。&nbs …

妻が怖い理由② 井戸端会議のわけ 「妻のトリセツ」を読んで

2019/06/04   -夫婦関係

「妻のトリセツ」編著 黒川伊保子から 男性には理解できない、井戸端会議。 これが実は、女性特有の、高度な情報収集会議であったとは!!

執筆者紹介

しゅういち

牧師をしています。聖書や沢山の人との出会いを通して教えられ、気づいたことを、分かちあっています。

超わかりやすいキリスト教入門のテキストお分けします 日本人だけ知らない、世界の常識キリスト教。そのエッセンスを

お話聴きます 。求められれば、世界のベストセラー聖書からのアドバイスもしています。