やさしいキリスト教入門

必要は与えられる

投稿日:

StockSnap / Pixabay

わたしたちには、生きていくための必要がありますよね。

その必要は、お金によって手に入れるもの。だからお金がないと生きていけないとわたしたちは思っているでしょう。

でも、そもそもわたしたちは、自分で命を始めたわけではなく、天の親である神様から命を与えられたのです。

「お金が」わたしたちに命を与えたのではなく、天の親である神が命を与え、命をあたえたからには、命を維持するために必要なものは、天の親がそなえてくださるはずです。

ですから、イエス・キリストはこういうことを教えられました。

「あなた方の父は、願う前から、あなたがたに必要なものをご存知なのだ」(マタイ6:8)と。

わたしたちの必要を知っていてくださる、天の親に祈り求めなさいと、イエス・キリストは教えています。

金も富も、命を活かすものではなく、天の親が、愛を分かち合うようにと与えてくださった、たがいに必要を交換しあうための道具。

本当に命を活かしているのは、あなたの天の親である神です。

だから大切なことは、本当に命を活かしている神に信頼し、神につながり、

心の平安を頂いて、

奪い合うのではなく、分かち合う世界(神の国)を求めて、祈り、行動すること

富は独り占めするためではなく、分かち合い、愛し合うためのものなのです。

この地上を生きるための必要は、この地上を離れる時まで、天の親がちゃんとあたえてくださいます。

-やさしいキリスト教入門

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

<3>イエスがキリスト

日本人の私たちでも「救世主」とか「救い主」という言葉くらいは聞いたことがありますよね。 この日本語で「救世主」と訳されるのが「キリスト」。これは新約聖書が書かれたギリシャ語読みですけれども、旧約聖書の …

「幸いはここに」

イエスキリストが 山の上に登って弟子たちや群衆に向けて教えた時の言葉です。 「心の貧しい人々は幸いである天の国はその人たちのものである」(マタイによる福音書5章3節) この山の上での教えは、まだ続くの …

<10>とりあえず、新約聖書ってなに

前回までは旧約聖書についてお話してきましたね。 旧約聖書は天地を造られた「主」がイスラエルの民を選び、愛し、神の民として歩むために「律法」という教えをあたえられたということまで、ご理解いただけたでしょ …

オリジナル賛美歌「今、振り返ってみれば」

日々の出来事の中に、神様の恵みを感じて生きることができたら、幸せですね。

自分と違った人と、仲良く生きるためには

Ben_Kerckx / Pixabay マタイによる福音書7章を読んで黙想

執筆者紹介

しゅういち

牧師をしています。聖書や沢山の人との出会いを通して教えられた気づきの数々を、お分かちします。

牧師がお話聴きます 牧師を20年。聖書の知恵からアドバイスもできます。

最善の注意をはらって情報を記載していますが、当サイトの情報は、あくまで利用者の方自身の責任でご利用頂きますよう、ご了承ください。