やさしいキリスト教入門

「幸いはここに」

投稿日:


イエスキリストが 山の上に登って弟子たちや群衆に向けて教えた時の言葉です。

「心の貧しい人々は幸いである天の国はその人たちのものである」(マタイによる福音書5章3節)

この山の上での教えは、まだ続くのですが、この教えの冒頭が、こういう言葉で始まるのですね。

「心の貧しい者が幸い」と言われていますけれど、まず「幸い」ということと、「心が貧しい」ということがつながらないでしょう。この関連がよくわかりませんよね。

そういう意味で、イエス・キリストの言葉は、私たちが「幸い」とか「幸せ」とイメージすることとは違う意味で言っているようです。

むしろ本当の意味で「幸せ」とはなんなのか、ということですね。

この「幸い」という言葉は、実は英語では「ブレッシング」で、「神様の祝福」という意味なんですね。

私たちが「幸い」とか「幸せ」というときは、例えばお金がたくさんあって、自由に自分がしたい時にしたいこと、旅行でも、欲しいものでも手に入れるとか、誰かのために何かするでも、なんでもいいんですけれども、要するに、自分がしたいことをする。それが幸せだと思うものでしょう。

それが実現したと思った時に、感情的に幸せを感じると思うのです。

でも、「心の貧しい人々は幸いである」というときの「幸い」はそれとは違う「幸い」

そもそも「人間」は死ぬではないですか。命には限りがある。そして人は自分の命を作ったわけでもない。

自分自身を存在させ、命を与えその目的をもって命を与えてくださっている、目に見えない創造主がいる。天の親がいる。

その親からの祝福こそが、本当の「幸い」

それは「自分のちからで生きている」という、プライドから解放された、心の貧しさのなかで、気づくものなのです。

必要なものを、必要な時に与えてくださっている神様の祝福に気づく人は、幸い。

人は今、目の前のこと、短期的なことで、心が振り回されやすいでしょう。

今、必要なのだ。今でなければ。本当にそういうことで、心がかき乱されたり平安を失うことがあるでしょう。

思いもしなかった出来事や、試練や、これから先の未来のことを思い悩んで、「これからいったいどうなっていくんだろう」とか、「今までのやり方では通用しない」ますますそういう時代になっていきますから、不安を感じることも当然あると思うのですね。

そういう激動の時代のなかにあるからこそ、むしろ、自分の限界とか弱さに気く「心の貧しい」人となり、

どのような時代にあっても、変わることのない命の源である神様が、祝福してくださっていることに目覚めていくことが、本当の意味で「幸い」なことなのです。

-やさしいキリスト教入門

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

「なぜ怖がるの」(2018年1月28日花小金井キリスト教会夕礼拝メッセージ)

NeuPaddy / Pixabay 人生には三つの坂があるという言葉を、ご存知ですか。 一つ目は、上り坂。まあ、若い時のことですね。 そして二つ目は、下り坂。年を重ねて、だんだんできることが少なくな …

<3>イエスがキリスト

日本人の私たちでも「救世主」とか「救い主」という言葉くらいは聞いたことがありますよね。 この日本語で「救世主」と訳されるのが「キリスト」。これは新約聖書が書かれたギリシャ語読みですけれども、旧約聖書の …

<15>説教の内容なんてわすれていいんですよ

日曜日に教会の礼拝に参加すると、礼拝の中で牧師がお話を始めるでしょう。 あれを「説教」とか「メッセージ」というんですよ。 礼拝でなされる説教は、講演でも聖書の解説でもないんですね。 知識の伝達が、説教 …

<4>「聖霊」ってとっても重要

あなたは「目に見えないものは信じないぞ、 自分の目でみたら信じてやろう」というタイプでしょうかね。 さて、じゃあ空気は目に見えませんけど、どうしましょう。ないんですかね。 電波も目にはみえませんねぇ・ …

<2>君(神)の名は・・・「主」

前回は聖書が伝えている「神」はこの宇宙(天と地)を造られた「神」である、という話をしました。 今まで便宜上「神」という言い方をしてきましたけれども、 日本人はちょっと凄いものなら、なんでも「神」と呼ん …

執筆者紹介

しゅういち

牧師をしています。聖書や沢山の人との出会いを通して教えられた気づきの数々を、お分かちします。

牧師がお話聴きます 牧師を20年。聖書の知恵からアドバイスもできます。

最善の注意をはらって情報を記載していますが、当サイトの情報は、あくまで利用者の方自身の責任でご利用頂きますよう、ご了承ください。