comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

<マタイ14章>恐れることはない

congerdesign / Pixabay マタイによる福音書14章を読んでの黙想です 洗礼者ヨハネ、殺される1そのころ、領主ヘロデはイエスの評判を聞き、 2家来たちにこう言った。「あれは …

<マルコ7章>神様に向かって心を開く

congerdesign / Pixabay マルコによる福音書7章を読んでの黙想 昔の人の言い伝え 1ファリサイ派の人々と数人の律法学者たちが、エルサレムから来て、イエスのもとに集まった。&nbsp …

<マタイ1章>神は我々と共におられる

マタイによる福音書1章を読んでの黙想 イエス・キリストの系図1アブラハムの子ダビデの子、イエス・キリストの系図。 2アブラハムはイサクをもうけ、イサクはヤコブを、ヤコブはユダとその兄弟たちを …

<ルカ22章>愛を分かち合うつながりへ

ルカによる福音書22章を読んでの黙想 イエスを殺す計略 1さて、過越祭と言われている除酵祭が近づいていた。 2祭司長たちや律法学者たちは、イエスを殺すにはどうしたらよいかと考えていた。彼らは …

<マタイ16章>イエスを救い主と信じることができる幸い

マタイの福音書16章を読んでの黙想です 人々はしるしを欲しがる1ファリサイ派とサドカイ派の人々が来て、イエスを試そうとして、天からのしるしを見せてほしいと願った。 2イエスはお答えになった。 …