comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

<マルコ2章>新しい生き方に招くイエス様

マルコによる福音書2章を読んでの黙想 中風の人をいやす 1数日後、イエスが再びカファルナウムに来られると、家におられることが知れ渡り、 2大勢の人が集まったので、戸口の辺りまですきまもないほ …

<マタイ4章>目の前の誘惑に勝利し永遠の繁栄へと

congerdesign / Pixabay マタイによる福音書4章を読んでの黙想 誘惑を受ける1さて、イエスは悪魔から誘惑を受けるため、“霊”に導かれて荒れ野に行かれた。 2そして四十日間 …

<マタイ24章>宗教システム崩壊の予告

マタイによる福音書24章を読んでの黙想 「天地は滅びるが、わたしの言葉は決して滅びない」

<マタイ20章>神は、気前のよい経営者

kstuttard / Pixabay マタイによる福音書20章を読んでの黙想 「自分のものをじぶんのしたいようにしては、いけないか。それとも、わたしの気前よさをねたむのか」

<ヨハネ2章>水がぶどう酒に変わったその意味は?

ヨハネによる福音書2章を読んでの黙想 カナでの婚礼 1三日目に、ガリラヤのカナで婚礼があって、イエスの母がそこにいた。 2イエスも、その弟子たちも婚礼に招かれた。 3ぶどう酒が足り …

執筆者紹介

しゅういち

牧師をしています。聖書や沢山の人との出会いを通して教えられ、気づいたことを、分かちあっています。

超わかりやすいキリスト教入門のテキストお分けします 日本人だけ知らない、世界の常識キリスト教。そのエッセンスを

【免責事項】

最善の注意をはらって情報を記載していますが、当サイトの情報は、あくまで利用者の方自身の責任でご利用頂きますよう、ご了承ください。