毎日1章づつ聖書を読もう

<マタイ21章>イエスに意識を向けると聖書がわかってくる

投稿日:2019年5月29日 更新日:

マタイによる福音書21章を読んでの黙想です

「家を建てるものの捨てた石、
これが隅の親石となった。
これは、主がなさったことで、
わたしたちの目にはふしぎに見える」

-毎日1章づつ聖書を読もう

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

<マタイ19章>聖書から結婚を考える

マタイによる福音書19章を読んでの黙想 「神が結び合わせてくださったものを、人は離してはならない」

<ヨハネ6章>食べてもなくならないパンがある

ヨハネの福音書6章を読んでの黙想 五千人に食べ物を与える 1その後、イエスはガリラヤ湖、すなわちティベリアス湖の向こう岸に渡られた。 2大勢の群衆が後を追った。イエスが病人たちになさったしる …

<ヨハネ11章>信じるものは死んでも生きる

ヨハネによる福音書11章を読んでの黙想 ラザロの死 1ある病人がいた。マリアとその姉妹マルタの村、ベタニアの出身で、ラザロといった。 2このマリアは主に香油を塗り、髪の毛で主の足をぬぐった女である。そ …

<ルカ15章>本当に見失われている人は誰か

ルカによる福音書15章を読んでの黙想 「見失った羊」のたとえ 1徴税人や罪人が皆、話を聞こうとしてイエスに近寄って来た。 2すると、ファリサイ派の人々や律法学者たちは、「この人は罪人たちを迎えて、食事 …

<ルカ1章>神の憐れみが注がれて

聖書を読みたいけれど、なかなか一人では読み進められない!! 難しい言葉や、内容、背景がよくわからないから、つまらない。 では、今日から1章ずつ、一緒に読んでみませんか? 新約聖書の一番最初にある、マタ …