毎日1章づつ聖書を読もう

<マタイ21章>イエスに意識を向けると聖書がわかってくる

投稿日:2019年5月29日 更新日:

マタイによる福音書21章を読んでの黙想です

「家を建てるものの捨てた石、
これが隅の親石となった。
これは、主がなさったことで、
わたしたちの目にはふしぎに見える」

-毎日1章づつ聖書を読もう

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

<ヨハネ6章>食べてもなくならないパンがある

ヨハネの福音書6章を読んでの黙想 五千人に食べ物を与える 1その後、イエスはガリラヤ湖、すなわちティベリアス湖の向こう岸に渡られた。 2大勢の群衆が後を追った。イエスが病人たちになさったしる …

<マタイ28章>「新しい時代の始まり」

LoganArt / Pixabay マタイの福音書28章を読んでの黙想

<マタイ13章>言葉の力

マタイによる福音書13章を読んでの黙想 「種を蒔く人」のたとえ1その日、イエスは家を出て、湖のほとりに座っておられた。 2すると、大勢の群衆がそばに集まって来たので、イエスは舟に乗って腰を下 …

<ルカ22章>愛を分かち合うつながりへ

ルカによる福音書22章を読んでの黙想 イエスを殺す計略 1さて、過越祭と言われている除酵祭が近づいていた。 2祭司長たちや律法学者たちは、イエスを殺すにはどうしたらよいかと考えていた。彼らは …

<マタイ19章>聖書から結婚を考える

マタイによる福音書19章を読んでの黙想 「神が結び合わせてくださったものを、人は離してはならない」

執筆者紹介

しゅういち

牧師をしています。聖書や沢山の人との出会いを通して教えられ、気づいたことを、分かちあっています。

超わかりやすいキリスト教入門のテキストお分けします 日本人だけ知らない、世界の常識キリスト教。そのエッセンスを

【免責事項】

最善の注意をはらって情報を記載していますが、当サイトの情報は、あくまで利用者の方自身の責任でご利用頂きますよう、ご了承ください。