毎日1章づつ聖書を読もう

<マタイ21章>イエスに意識を向けると聖書がわかってくる

投稿日:2019年5月29日 更新日:

マタイによる福音書21章を読んでの黙想です

「家を建てるものの捨てた石、
これが隅の親石となった。
これは、主がなさったことで、
わたしたちの目にはふしぎに見える」

-毎日1章づつ聖書を読もう

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

<ルカ7章>イエス様のことがわかる人は幸い

ルカによる福音書7章を読んでの黙想 百人隊長の僕をいやす 1イエスは、民衆にこれらの言葉をすべて話し終えてから、カファルナウムに入られた。 2ところで、ある百人隊長に重んじられている部下が、病気で死に …

<ルカ11章>祈りによらなければ自由になれない部分

ルカによる福音書11章を読んでの黙想 祈るときには 1イエスはある所で祈っておられた。祈りが終わると、弟子の一人がイエスに、「主よ、ヨハネが弟子たちに教えたように、わたしたちにも祈りを教えてください」 …

<マタイ11章>イエス・キリストにある安らぎ

マタイによる福音書の11章からの黙想です。 ◆洗礼者ヨハネとイエス 11:2 ヨハネは牢の中で、キリストのなさったことを聞いた。そこで、自分の弟子たちを送って、 11:3 尋ねさせた。「来るべき方は、 …

<ヨハネ7章>乾いている人は誰でも

ヨハネによる福音書7章を読んでの黙想 イエスの兄弟たちの不信仰 1その後、イエスはガリラヤを巡っておられた。ユダヤ人が殺そうとねらっていたので、ユダヤを巡ろうとは思われなかった。 2ときに、ユダヤ人の …

<ルカ12章>髪の毛一歩さえも神に覚えられている

ルカによる福音書12章を読んでの黙想 偽善に気をつけさせる 1とかくするうちに、数えきれないほどの群衆が集まって来て、足を踏み合うほどになった。イエスは、まず弟子たちに話し始められた。「ファリサイ派の …

執筆者紹介

しゅういち

牧師をしています。聖書や沢山の人との出会いを通して教えられ、気づいたことを、分かちあっています。

超わかりやすいキリスト教入門のテキストお分けします 日本人だけ知らない、世界の常識キリスト教。そのエッセンスを

【免責事項】

最善の注意をはらって情報を記載していますが、当サイトの情報は、あくまで利用者の方自身の責任でご利用頂きますよう、ご了承ください。