comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

<マタイ6章>必要は与えられる

StockSnap / Pixabay マタイによる福音書6章を読んでの黙想 施しをするときには1「見てもらおうとして、人の前で善行をしないように注意しなさい。さもないと、あなたがたの天の父のもとで報 …

<マタイ24章>宗教システム崩壊の予告

マタイによる福音書24章を読んでの黙想 「天地は滅びるが、わたしの言葉は決して滅びない」

<マタイ1章>神は我々と共におられる

マタイによる福音書1章を読んでの黙想 イエス・キリストの系図1アブラハムの子ダビデの子、イエス・キリストの系図。 2アブラハムはイサクをもうけ、イサクはヤコブを、ヤコブはユダとその兄弟たちを …

<ルカ18章>神の国を受け入れる人

あルカによる福音書18章を読んでの黙想 「やもめと裁判官」のたとえ 1イエスは、気を落とさずに絶えず祈らなければならないことを教えるために、弟子たちにたとえを話された。 2「ある町に、神を畏れず人を人 …

<マタイ27章>本当にこの人は神の子だった

マタイによる福音書27章を読んでの黙想

執筆者紹介

しゅういち

牧師をしています。聖書や沢山の人との出会いを通して教えられ、気づいたことを、分かちあっています。

超わかりやすいキリスト教入門のテキストお分けします 日本人だけ知らない、世界の常識キリスト教。そのエッセンスを

お話聴きます 。求められれば、世界のベストセラー聖書からのアドバイスもしています。