comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

<ヨハネ3章>あたらしく生まれるということの意味

ヨハネによる福音書3章を読んでの黙想 イエスとニコデモ 1さて、ファリサイ派に属する、ニコデモという人がいた。ユダヤ人たちの議員であった。 2ある夜、イエスのもとに来て言った。「ラビ、わたしどもは、あ …

<マタイ22章>宗教や組織ではなく、神との関係が大切

Ben_Kerckx / Pixabay マタイによる福音書22章を読んでの黙想 「心を尽くし、精神を尽くし、思いを尽くして、あなたの神である主を愛しなさい」 「隣人を自分のように愛しなさい」

<ルカ21章>心の目を覚ましていること

ルカによる福音書21章を読んでの黙想 やもめの献金 1イエスは目を上げて、金持ちたちが賽銭箱に献金を入れるのを見ておられた。 2そして、ある貧しいやもめがレプトン銅貨二枚を入れるのを見て、 3言われた …

<ヨハネ4章>永遠の命に至る水を飲もう

ヨハネによる福音書4章を読んでの黙想 イエスとサマリアの女 1さて、イエスがヨハネよりも多くの弟子をつくり、洗礼を授けておられるということが、ファリサイ派の人々の耳に入った。イエスはそれを知ると、&n …

<マルコ16章>石はすでにわきに転がされていた

マルコによる福音書16章を読んでの黙想 復活する 1安息日が終わると、マグダラのマリア、ヤコブの母マリア、サロメは、イエスに油を塗りに行くために香料を買った。 2そして、週の初めの日の朝ごく早く、日が …