comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

<ルカ18章>神の国を受け入れる人

あルカによる福音書18章を読んでの黙想 「やもめと裁判官」のたとえ 1イエスは、気を落とさずに絶えず祈らなければならないことを教えるために、弟子たちにたとえを話された。 2「ある町に、神を畏れず人を人 …

<マタイ10章>あなたとイエス・キリストとの関係は?

マタイによる福音書10章の黙想です。 10:32 「だから、だれでも人々の前で自分をわたしの仲間であると言い表す者は、わたしも天の父の前で、その人をわたしの仲間であると言い表す。 10:33 しかし、 …

<ルカ11章>祈りによらなければ自由になれない部分

ルカによる福音書11章を読んでの黙想 祈るときには 1イエスはある所で祈っておられた。祈りが終わると、弟子の一人がイエスに、「主よ、ヨハネが弟子たちに教えたように、わたしたちにも祈りを教えてください」 …

<マタイ7章>自分と違った人と、仲良く生きるためには

Ben_Kerckx / Pixabay マタイによる福音書7章を読んで黙想 「人を裁くな。あなたがたも裁かれないようにするためである」 7:1 「人を裁くな。あなたがたも裁かれないようにするためであ …

<ルカ13章>それでもなお救おうとされる神の愛

ルカによる福音書13章を読んでの黙想 悔い改めなければ滅びる 1ちょうどそのとき、何人かの人が来て、ピラトがガリラヤ人の血を彼らのいけにえに混ぜたことをイエスに告げた。 2イエスはお答えにな …

執筆者紹介

しゅういち

牧師をしています。聖書や沢山の人との出会いを通して教えられ、気づいたことを、分かちあっています。

超わかりやすいキリスト教入門のテキストお分けします 日本人だけ知らない、世界の常識キリスト教。そのエッセンスを

【免責事項】

最善の注意をはらって情報を記載していますが、当サイトの情報は、あくまで利用者の方自身の責任でご利用頂きますよう、ご了承ください。