comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

<マタイ17章>信仰があれば山は動くのか?

マタイによる福音書17章を読んでの黙想 イエスの姿が変わる1六日の後、イエスは、ペトロ、それにヤコブとその兄弟ヨハネだけを連れて、高い山に登られた。 2イエスの姿が彼らの目の前で変わり、顔は …

<マタイ21章>イエスに意識を向けると聖書がわかってくる

マタイによる福音書21章を読んでの黙想です 「家を建てるものの捨てた石、 これが隅の親石となった。 これは、主がなさったことで、 わたしたちの目にはふしぎに見える」

<ルカ17章>すでにわたしたちの間に神の国は来ている

ルカによる福音書17章を読んでの黙想 赦し、信仰、奉仕 1イエスは弟子たちに言われた。「つまずきは避けられない。だが、それをもたらす者は不幸である。 2そのような者は、これらの小さい者の一人をつまずか …

<マタイ13章>言葉の力

マタイによる福音書13章を読んでの黙想 「種を蒔く人」のたとえ1その日、イエスは家を出て、湖のほとりに座っておられた。 2すると、大勢の群衆がそばに集まって来たので、イエスは舟に乗って腰を下 …

<マルコ13章>試練の時代こそ、信仰の目を覚ましておこう

マルコによる福音書13章を読んでの黙想 神殿の崩壊を予告する 1イエスが神殿の境内を出て行かれるとき、弟子の一人が言った。「先生、御覧ください。なんとすばらしい石、なんとすばらしい建物でしょう。」&n …

執筆者紹介

しゅういち

牧師をしています。聖書や沢山の人との出会いを通して教えられ、気づいたことを、分かちあっています。

超わかりやすいキリスト教入門のテキストお分けします 日本人だけ知らない、世界の常識キリスト教。そのエッセンスを

まだデータがありません。

【免責事項】

最善の注意をはらって情報を記載していますが、当サイトの情報は、あくまで利用者の方自身の責任でご利用頂きますよう、ご了承ください。