毎日1章づつ聖書を読もう

<マタイ13章>言葉の力

投稿日:2019年5月27日 更新日:

マタイによる福音書13章を読んでの黙想

「・・種は、良い土地に落ち、実を結んで、あるものは百倍、あるものは六十倍、あるものは三十倍にもなった。耳のあるものは聞きなさい」

「・・種は、良い土地に落ち、実を結んで、あるものは百倍、あるものは六十倍、あるものは三十倍にもなった。耳のあるものは聞きなさい」

-毎日1章づつ聖書を読もう

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

<マタイ24章>宗教システム崩壊の予告

マタイによる福音書24章を読んでの黙想 「天地は滅びるが、わたしの言葉は決して滅びない」

<マタイ11章>イエス・キリストにある安らぎ

マタイによる福音書の11章からの黙想です。 「疲れた者、重荷を負う者は、だれでもわたし(イエスキリスト)のもとに来なさい。休ませてあげよう。 わたしは柔和で謙遜な者だから、わたしの軛を負い、わたしに学 …

<マタイ16章>イエスを救い主と信じることができる幸い

マタイの福音書16章を読んでの黙想です 「あなたにこのことを現したのは、人間ではなく、わたしの天の父なのだ」

<マタイ6章>必要は与えられる

StockSnap / Pixabay わたしたちには、生きていくための必要がありますよね。 その必要は、お金によって手に入れるもの。だからお金がないと生きていけないとわたしたちは思っているでしょう。 …

<マタイ5章>「幸いはここに」

イエスキリストが 山の上に登って弟子たちや群衆に向けて教えた時の言葉です。 「心の貧しい人々は幸いである天の国はその人たちのものである」(マタイによる福音書5章3節) この山の上での教えは、まだ続くの …

執筆者紹介

しゅういち

牧師をしています。聖書や沢山の人との出会いを通して教えられた気づきの数々を、お分かちします。

超わかりやすいキリスト教入門のテキストお分けします 日本人だけ知らない、世界の常識キリスト教。そのエッセンスを

牧師がお話聴きます 牧師を20年。聖書の知恵からアドバイスもできます。