毎日1章づつ聖書を読もう

<マタイ17章>信仰があれば山は動くのか?

投稿日:2019年5月31日 更新日:

マタイによる福音書17章を読んでの黙想
「もし、からし種一粒ほどの信仰があれば、この山に向かって『ここからあそこに移れ』と命じても、そのとおりになる。あなた方にできないことは何もない。」

-毎日1章づつ聖書を読もう

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

<マタイ20章>神は、気前のよい経営者

kstuttard / Pixabay マタイによる福音書20章を読んでの黙想 「自分のものをじぶんのしたいようにしては、いけないか。それとも、わたしの気前よさをねたむのか」

<マタイ5章>「幸いはここに」

イエスキリストが 山の上に登って弟子たちや群衆に向けて教えた時の言葉です。 「心の貧しい人々は幸いである天の国はその人たちのものである」(マタイによる福音書5章3節) この山の上での教えは、まだ続くの …

<マタイ28章>「新しい時代の始まり」

LoganArt / Pixabay マタイの福音書28章を読んでの黙想

<マタイ19章>聖書から結婚を考える

マタイによる福音書19章を読んでの黙想 「神が結び合わせてくださったものを、人は離してはならない」

<マタイ18章>神さまのみ心は、一人も滅びないこと

マタイによる福音書18章を読んでの黙想 「・・これらの小さな者が一人でも滅びることは、あなたがたの天の父のみ心ではない」

執筆者紹介

しゅういち

牧師をしています。聖書や沢山の人との出会いを通して教えられた気づきの数々を、お分かちします。

超わかりやすいキリスト教入門のテキストお分けします 日本人だけ知らない、世界の常識キリスト教。そのエッセンスを

牧師がお話聴きます 牧師を20年。聖書の知恵からアドバイスもできます。