心と体の健康について

心と体の健康に関する、基本的なこと

投稿日:

Lazare / Pixabay

今や、心理的なストレスが病気の原因となっていることは常識ですね。

反対に体の不調もまた、心理的なストレスの原因になりますから、

心と体は切っても切れない関係にあるのです。

そして心理的なストレスは、ほとんど人間関係によってもたらされています。

ですから、家族や友人、会社などの身近な人との関係が、体の健康にも大きな影響を与えているわけですね。

そう考えると、健康食品やサプリメントに高いお金を払うよりも、

身近な人との良好な関係作りのためにお金を使ったほうが、体の健康にもいいわけです。

また、誰かのために何かをしてあげると、「幸せホルモン」と言われるオキシトシンが分泌されるといわれます。

人間は誰かのために生きることで、「幸せ」を感じるように、神様によって造られているわけですね。

その神様の摂理から離れて、自分の快適さにしか関心のない利己的な生き方を追求すると、

むしろ、人との関係が悪化し、ストレスまみれになって、自分の健康を失っていくという悪循環に陥ってしまうものです。

そして、ストレスの原因を相手のせいにしたり、状況のせいにするなら、なにもかえられないどころか、むしろストレスはどんどん増えていきます。

ストレスを感じ、怒りを溜め込んでいるのは、ほかでもない、自分自身なのですから。

誰かのために生きるように造られている、神様の摂理に立ち戻ることが、この悪循環から抜け出す道です。

-心と体の健康について

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

パーソナリティ障害とそのままの自分を受け入れられることの関係

Ben_Kerckx / Pixabay わたしは牧師としてたくさんの方々と出会ってきましたが、 幼少期に、親から「あなたはだめだ」という人格否定の言葉をかけられすぎた人の中には、 おとなになってから …

「ぼんやりする」

Engin_Akyurt / Pixabay 「ぼんやりしているのは人間にとって非常に大切な時間である。単に漠然と言っているわけではなく、この間に、本人はどの程度意識しているか分からないが、必ず貯えら …

失業したら、人生おしまいか?

rebcenter-moscow / Pixabay  わたしは今50代です。 高校を出て、すぐに公務員として13年働きました。 そして、事情で、次の仕事も決めないままに、30過ぎて公務員をやめ、アル …

安心して絶望できる人生

ソーシャルワーカーの向谷地生良さんが書いた、この本のタイトルはとてもインパクトがありますね。 向谷地さんが立ち上げた、浦賀ベテルの家は、今やとても有名な活動です。 「ベテルの家」は、1978年日赤病院 …

病気の予防にココナッツオイル1 <高齢者の栄養摂取の助けに>

ココナッツオイルに含まれる中鎖脂肪酸のもつ健康効果は、1950年代から知られ利用されてきました。 中鎖脂肪酸は病院で成人や赤ん坊に与えられる栄養製剤として重用されているといわれます。それは長鎖脂肪酸と …

執筆者紹介

しゅういち

牧師をしています。聖書や沢山の人との出会いを通して教えられ、気づいたことを、分かちあっています。

超わかりやすいキリスト教入門のテキストお分けします 日本人だけ知らない、世界の常識キリスト教。そのエッセンスを

まだデータがありません。

【免責事項】

最善の注意をはらって情報を記載していますが、当サイトの情報は、あくまで利用者の方自身の責任でご利用頂きますよう、ご了承ください。