やさしいキリスト教入門

豊かになるのに、お金はいらない

投稿日:2018年7月17日 更新日:

ronymichaud / Pixabay

心が渇いていたり、満たされていなかったりすると、

人は「なにかをしなければならない」と、行動至上主義になったり、

お金をつかって、ものを手に入れたり、刺激を手に入れようとするものです。

そうやって、時間とお金を浪費していく原因の根底には、

「心の渇き」があるのです。

ある人は、異性によってその「心の渇き」を満たそうと、依存したりします。

自分が大切にされたり、愛されていると感じる経験が、一瞬「心の渇き」を癒やしてくれるからです。

しかし、時間が立つと、「心は渇き」始めてしまうのです。

イライラしたり、不安を感じるのも、「心の渇き」がその理由になっている場合があります。

つねに欠乏感を感じているので、表情も険しくなりがちです。

お酒やドラッグによって、一時的に欠乏感を埋めようとすれば、依存症の苦しみがまっています。

人は、神にしか埋めることのできない心の穴が開いていると、パスカルは言いました。

命を与え、愛し続けてくださっている、天の神に心を向けることが、「心の渇き」を満たす、命の水なのです。

また、イエス・キリストは、こういうことを言いました。

「人はパンのみによって生きるのではなく、神の口から出る一つひとつの言葉によって生きる」

お金などいらない、この「いのちのパン」によって、

お金では手に入らない、心の充足感、心の喜び、平安を人は手に入れることができるのです。

-やさしいキリスト教入門

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

<15>説教の内容なんてわすれていいんですよ

日曜日に教会の礼拝に参加すると、礼拝の中で牧師がお話を始めるでしょう。 あれを「説教」とか「メッセージ」というんですよ。 礼拝でなされる説教は、講演でも聖書の解説でもないんですね。 知識の伝達が、説教 …

向谷地さんの「当事者研究」って、昔から教会がしていたことかも

DGlodowska / Pixabay 心病む方々と共に生きる、北海道のベテルの家では、「当事者研究」ということをしています。 ソーシャルワーカーの向谷地さんが始められた「当事者研究」とは、 問題行 …

わたしがクリスチャンになったきっかけ

congerdesign / Pixabay最初に聖書と出会ったのは、私が中学生の時、二つ年下の妹がなにか楽しそうなところに行き、挿絵のついている聖書をもって帰ってきたのがさいしょでした。 妹はきっと …

宇宙内を認識し悟る仏教、宇宙外からの語りかけを聞くキリスト教

LoganArt / Pixabay 仏教はこの宇宙内部の真理、道理を人間の認識によって悟るのですが、 キリスト教はこの世界を造られた神を認識しようとするので、 この世界の中に生きる人間の側からは認識 …

「週に一度行くだけで、死亡率を33%~45パーセントも下げる場所」

ハーバード大の研究で、1992〜2012年にかけて74,534人の女性に行われた健康調査のデータがあります。※女性の間での宗教奉仕出席と死亡率の関連 4年に1回ごとに、全員に「一カ月にどれだけ教会に行 …

執筆者紹介

しゅういち

牧師をしています。聖書や沢山の人との出会いを通して教えられ、気づいたことを、分かちあっています。

超わかりやすいキリスト教入門のテキストお分けします 日本人だけ知らない、世界の常識キリスト教。そのエッセンスを

【免責事項】

最善の注意をはらって情報を記載していますが、当サイトの情報は、あくまで利用者の方自身の責任でご利用頂きますよう、ご了承ください。