より良く生きる知恵

自分の敵を愛しなさい

投稿日:

SCY / Pixabay

 

あるメルマガから、転載します(転載許可あり)

 

自分の敵を愛しなさい

 

「男は外に出たら7人の敵がいる」と昔は言った。

 

女はどうだろう。

 

バリバリに働く女性を見ていると、その何倍もの敵に直面しつつ、戦わずに勝利を重ねているような印象を受ける。

 

敵が現れたとき、どうするかの選択はいくつかある。

 

逃げる。

 

立ち向かう。

 

策略をめぐらす。

 

「やられたらやり返せ」「リベンジ」「十倍返し」などという言葉も、よく聞くし、実際にそういう態度をとる人もいるだろう。

 

ところが、聖書は驚くべきアドバイスをしている。

 

自分の敵を愛しなさい、と。

 

しかも、心の中で思うだけではなく、実際に敵に対して、よいことをしなさい、不義に対して親切で返せ。

 

面白いことに、それは実は敵のためではなく。

 

そうすることで、あなたがすばらしい報いをうけることになる、と約束している。

 

成功している女性たちは、無意識のうちにこの作戦をとっているのかもしれない。

 

無礼なことをされても言われても、笑顔でにこやかに対応し、仕返しをせず、敵よりずっと高いところを目指す。

 

そして、しなやかに敵を乗り越えていく。

 

 

ただ、自分の敵を愛しなさい。

彼らによくしてやり、返してもらうことを考えずに貸しなさい。

そうすれば、あなたがたの受ける報いはすばらしく、あなたがたは、いと高き方の子どもになれます。

 

なぜなら、いと高き方は、恩知らずの悪人にも、あわれみ深いからです。

 

But love your enemies, do good, and lend, hoping for nothing in return; and your reward will be great, and you will be sons of the Most High. For He is kind to the unthankful and evil.

Luke 6:35

-より良く生きる知恵

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

叱ることと怒ることはちがいます

RobinHiggins / Pixabay 子どもを叱ることと、怒ることとは違うと思うのです。 子どもが、してはならないことをした時は、ちゃんと叱ってあげないと、 してはならないことはなんなのかを、 …

過去の憎しみから自由になったプロボクサー

OpenClipart-Vectors / Pixabay 東京新聞に、こんな記事が載っていました。 プロボクシングの勅使河原(てしがわら)弘晶さんは、中学時代から窃盗や傷害事件を繰り返していたのだそ …

夫婦関係が今よりももっとよくなる秘訣

photo-graphe / Pixabay 夫婦関係がうまくいかなくて悩んでいる人はあなただけではありません 夫婦関係がしっくりこなくて悩んでいる人は、意外とたくさんおられるようです。 喧嘩が絶えな …

スピリチャルは、やばいです

LoganArt / Pixabay 今や、すっかり定着した「スピリチュアル」という言葉。 それを使って人を集める人々は、伝統的な宗教とは違うイメージを作ろうとして、「波動」とか「宇宙意識」のような言 …

身近な人を褒める人は幸せな人

mario0107 / Pixabay これはもう、タイトルのとおりです。 逆をいえば、 「身近な人を褒める」ことは、日本人のメンタル的に難しいことなのです。 自分の家族のこと。 夫のこと妻のこと。 …

執筆者紹介

しゅういち

牧師をしています。聖書や沢山の人との出会いを通して教えられ、気づいたことを、分かちあっています。

超わかりやすいキリスト教入門のテキストお分けします 日本人だけ知らない、世界の常識キリスト教。そのエッセンスを

【免責事項】

最善の注意をはらって情報を記載していますが、当サイトの情報は、あくまで利用者の方自身の責任でご利用頂きますよう、ご了承ください。