やさしいキリスト教入門

<7>本棚の「飾りじゃないのよ聖書はハッハー」

投稿日:2018年1月1日 更新日:

わたしは以前、山形の酒田で、家族4人だけで移り住んで、自宅の借家を教会にして礼拝をしていましたから、

はじめて教会の礼拝に来られる地元の人に、聖書の世界を伝えることの難しさを、いやというほど体験したんですね。

すでにクリスチャンが集まっている、普通の教会で牧師をするのとは、わけが違うんですよ。

ほんと、まったく知らない人に、一から聖書の世界を伝えるのは、大変。でもだからこそ楽しいんですけどね。

 

「日本人が聖書を自分で読めるようになるには、いっぱいハードルがあるなぁ」ということなんですね。

ある意味、毎週日曜日に教会の礼拝に来続けられる人は、そのハードルを乗り越えられた人々なんですよ。

でも本当は、そんなハードルは、無いほうがいいし、あっても低いほうがいいんです。

だから、こういう入門講座のようなものを書いているわけですね。

 

聖書のなにが難しいって、まず、旧約聖書新約聖書があるでしょう。

聖書を手に入れた人は、いったいどこから読めばいいのかすら、迷ってしまうはず。

まあ、最初から読めばいいのですけれども、あの分厚さでしょう・・・。

まったくアドバイスを全く受けないで、聖書を買って読み続けるなんて、ほんとにハードルが高い。

全く初めて聖書を手に取る方には、わたしは「初めから全部読もうとしなくていいよ」とアドバイスしたい。

 

途中であきらめて挫折されるくらいなら、旧約聖書はひとまず置いておいて、まず新約聖書福音書から読み始めてくださいね、と申し上げたい。

イエス・キリストのことが書いてありますから。まず福音書からどうぞ。

 

そして、新約聖書を読み進めていくと、どうしてもわからない言葉や、風習がでてくるのです。

それはおもに、旧約聖書に書かれている、イスラエル民族(ユダヤ人)の歴史や律法が引用されたりするのです。

そういうわからない言葉の意味を、一つ一つ確認していくのは、大変。

なのでわからなくても、わからないままに読み進めてください。

 

読書百遍意自ら通ず」という諺は、聖書にも当てはまります。

 

わからないから、やめてしまうんじゃなくて、わからなくても、何度も読み続けることで、次第に分かるようになってきます。

「すべてをわかろうとする完璧主義」は、かえってすぐに挫折してしまいますから、適当にわからないところは、わからないままに、何度も読みかえしてほしいのですね。

読んでいくうちに、言葉が心に響いてきます。いや、心に響いてくるまで、まずは読みつづけてくださいね。せっかくお金をだして手に入れたのだから。

 

人生を豊かに変える、素晴らしい宝が、土の中に確かに埋まっているのに、

ちょっと掘ってみて、すぐに出てこないからやーめた、というのは、あまりにもったいない。

1億円の宝くじをあてるよりも、確実に手に入る宝。

しかし使えばなくなってしまう、1億円どころの価値をはるかに超えた、

けっしてなくならない、永遠の価値。素晴らしい人生の宝を手に入れるのだから。

「なんだか、カタカナが多くて、難しいくて、つまらないな」なんて、すぐにあきらめないでくださいね。

 

そして、ひとりで読むよりも、誰かと一緒に読んだり、サポートされると、格段に早く、理解も深まります。

だからサポートしますよ。そのための入門講座なんですからね。

そしてどの教会でも、きっとサポートしています。遠慮なく訪ねてみてくださいね。

それじゃ、また

聖書、キリスト教に関する質問に答えます 人生を豊かにするために、聖書の知識は役に立ちます。

-やさしいキリスト教入門

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

「週に一度行くだけで、死亡率を33%~45パーセントも下げる場所」

ハーバード大の研究で、1992〜2012年にかけて74,534人の女性に行われた健康調査のデータがあります。※女性の間での宗教奉仕出席と死亡率の関連 4年に1回ごとに、全員に「一カ月にどれだけ教会に行 …

<4>「聖霊」ってとっても重要

あなたは「目に見えないものは信じないぞ、 自分の目でみたら信じてやろう」というタイプでしょうかね。 さて、じゃあ空気は目に見えませんけど、どうしましょう。ないんですかね。 電波も目にはみえませんねぇ・ …

「なぜ泣いているのか」(2018年4月1日 イースター(復活祭)の聖書のお話)

pixel2013 / Pixabayヨハネによる福音書20章1節〜18節からのお話 「復活の主イエスと出会う」 この世界で、誰一人として、想定していなかった、この驚くべき出来事に、 最初に遭遇した人 …

<15>説教の内容なんてわすれていいんですよ

日曜日に教会の礼拝に参加すると、礼拝の中で牧師がお話を始めるでしょう。 あれを「説教」とか「メッセージ」というんですよ。 礼拝でなされる説教は、講演でも聖書の解説でもないんですね。 知識の伝達が、説教 …

<1>聖書の神様とわたし

ふつうキリスト教入門というと、キリスト教の神様とはなにか、ということから説明を始めるわけです。 いわゆる「神論(しんろん)」といわれるものですね。 ただ、「キリスト教の神とは、創造者、絶対者、超越者」 …

執筆者紹介

しゅういち

牧師をしています。聖書や沢山の人との出会いを通して教えられ、気づいたことを、分かちあっています。

超わかりやすいキリスト教入門のテキストお分けします 日本人だけ知らない、世界の常識キリスト教。そのエッセンスを

【免責事項】

最善の注意をはらって情報を記載していますが、当サイトの情報は、あくまで利用者の方自身の責任でご利用頂きますよう、ご了承ください。