心と体の健康について 心の弱さを感じる時

実は、本当の休息が取れていないのではないですか?

投稿日:2018年3月21日 更新日:

katya-guseva0 / Pixabay

最近、心からの休息を取ったのはいつだったか、覚えていますか。

休日に、なにもしないでいることが、心からの休息になっているとはかぎりません。

くつろいでいるときも、心のなかでは、

「何かしなければならないんじゃないか」

「休んでいて、大丈夫かな」

そんな声が聞こえてきて、

なにもしていない自分を責めたりするからです。

聖書によると、人は週に一度は安息を必要とするように、造られています。

生産性をもとめて、働き続けていると、

むしろ疲れによって、生産性は下がるし、

病気にさえなるかもしれません。

休むこと。心からの休息は、

できるときに、すればいい、と言うものではなく、

幸いにいきるために、必要なことなのですね。

そして、深い休息のためには、ただ仕事から離れるだけではなく、

「内面的な」休息が大切です。

わたしたちが、体を休めていても、心が休まらないのは、

「自分の価値を、自分の力で、人に認めてもらおう」とするからです。

自分がやっていること、

なしとげたこと、

もっているものによって、

人から評価されたり、

自分で自分のことを評価するという、「考え方の癖」が

心からの休息を、妨げているのですね。

その、「考え方の癖」を矯正して、

自分のほんとうの価値を見出し、心からの休息をするために、

週に一度、教会に集って、

このわたしを愛し、価値あるものとして作ってくださった、

天の親である神さまを、見上げることが、

何よりの心の休息になるのです。

最後に、イエス様の言葉をお伝えしますね。

「すべて、疲れた人、重荷を負っておる人は、わたしのところに来なさい。

わたしがわなたがたを休ませてあげます。

わたしは心優しく、へりくだっているから、

あなたがたもわたしのくびきを負って、

わたしから学びなさい。

そうすればたましいに安らぎが来ます」(マタイ11:28)


-心と体の健康について, 心の弱さを感じる時

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

「人は何のために生きるのでしょう」

Hermann / Pixabay 10年くらい前、稲盛和夫氏(当時 京セラ(株)名誉会長)の講演会を聴きに行ったことがあります。 テーマは「人はなんのために生きるのか」という興味深いものでした。 会 …

自分に自信がなく、人の目が気になってばかりでも大丈夫。強くなれます。

lightstargod / Pixabay まず、「自分に自信がなくて、人の目が気になる」のは、あなただけではないですよ。安心してください。 そして、あなたのせいでもないのです。 これは日本人にとて …

死さえ乗り越えさせるユーモアーの力

ast25rulos / Pixabay 「死生学」の専門家が語るユーモアーの勧め ドイツ人で、かつて上智大学で「死生学」をお教えておられた、アルフォンス・デーケン先生の「よく生き よく笑い よき死と …

「ぼんやりする」

Engin_Akyurt / Pixabay 「ぼんやりしているのは人間にとって非常に大切な時間である。単に漠然と言っているわけではなく、この間に、本人はどの程度意識しているか分からないが、必ず貯えら …

「うつ」から抜け出す7つの習慣

Flachovatereza / Pixabay