より良く生きる知恵 心の弱さを感じる時

矢沢永吉は、成功することとハッピーはちがうといいました。

投稿日:

vborodinova / Pixabay

2018年の元日の朝日新聞の朝刊一面に、矢沢永吉のインタビューが載っていました。

年末の武道館で、満杯の観客を前に矢沢さんはこう言いました。

「一瞬のハッピーがあれば、人はまた走れる」と。

この言葉の意味を、数日後に取材したところ、彼はこう言いました。

「20 才で長者番付に出たけど、心がちっとも温かくない。
『神様、成功したら寂しさ、悲しさは消えるんじゃなかったの』と聞いたら、神様が指さした。

見ると、サクセスとは違う、もう一つのハッピーというレールがあった。
成功と、温かくなることは、別だったんだ」

 

矢沢さんの口から神様という言葉が出てくるとは思いませんでしたが、

一流の世界に生きる人は、自分の限界を超えた、大いなる存在に、心が向くものなのでしょう。

成功と、ハッピー、言い換えるなら「成功」と「喜び」は違うのだという、矢沢さんの気づきは非常に深いです。

状況が良ければ「喜び」状況が悪ければ「喜べない」。

成功すれば、喜び、失敗すれば喜べない。

これは「喜び」ではなくて、「嬉しい」とか「悲しい」という感情の話です。

矢沢さんがいっているハッピーを、わたしは人間の心の深い「喜び」と解釈します。

それは、たとえ成功しても、失敗しても、自分は愛されているし価値がある、と信じるからこそ感じる「喜び」です。

ありのままの自分で大丈夫だと思える時に感じる、「喜び」です。

つまり、自分がなにをしたか、しなかったか、という行いに左右されない、

自分を存在させた大いなる存在の愛と、自分の存在価値を感じるときに、

人は心の底で、ハッピー、「喜び」を感じるものなのです。

人の目にどうみられるかではなくて、

自分をこの世界に存在させた、天の親の目には、自分は高価で尊い。

この愛を信じる人の心の底には、いつも静かな「喜び」があるのです。

-より良く生きる知恵, 心の弱さを感じる時

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

「あの西郷隆盛は聖書を読んでいた」

2018年1月7日からNHKの大河ドラマは明治維新の立役者・西郷隆盛を取り上げました。 原作は林真理子の原作『西郷どん』(せごどん)です。西郷隆盛を勇気と実行力で時代を切り開いた「愛に溢れたリーダー」 …

つらい出来事に、よい意味を見つける人は飛躍する

GLady / Pixabay 美しい蝶は、最初から美しい姿で、この世界に現れたわけではないですよね。 最初は見栄えの悪い幼虫として葉っぱを食べて生きています。 やがてサナギになって、そしてサナギから …

自分に自信がなく、人の目が気になってばかりでも大丈夫。強くなれます。

lightstargod / Pixabay まず、「自分に自信がなくて、人の目が気になる」のは、あなただけではないですよ。安心してください。 そして、あなたのせいでもないのです。 これは日本人にとて …

プラプラしている2割のアリの意味

ROverhate / Pixabay 働き蟻には不思議な習性があって、 勤勉に働くアリは8割で、あとの2割はプラプラしているのだそうです。 なぜなのかはよくわかりませんが、何匹でもその割合で働くアリ …

激動の時代に求められるリーダーシップ

3dman_eu / Pixabayあの東芝が、巨額損失問題のために東証二部に降格する時代。 変化の激しい今、リーダーシップのあり方が、問われています。   もうひとりのカリスマ的リーダーに …

執筆者紹介

しゅういち

牧師をしています。聖書や沢山の人との出会いを通して教えられ、気づいたことを、分かちあっています。

超わかりやすいキリスト教入門のテキストお分けします 日本人だけ知らない、世界の常識キリスト教。そのエッセンスを

【免責事項】

最善の注意をはらって情報を記載していますが、当サイトの情報は、あくまで利用者の方自身の責任でご利用頂きますよう、ご了承ください。