より良く生きる知恵

感情をコントロールして怒りや不安に振り回されないためには

投稿日:

RobinHiggins / Pixabay

「あの時、なんであんなことをいってしまったんだろう」と後悔することが、だれにもありますよね。怒りの感情が抑えきれずに、言ってはいけない言葉を口にしてしまったり、反対に不安や恐れの感情で心が縛られてしまって、言わなければならないことが言えなくて、いやな思いをしてしまうこともあるでしょう。

そんな感情をうまくコントロールするためにコツについて、お伝えします。

1.自分の感情に気づく

今、これを読んでいるあなたはどんな感情を抱いていますか。これを読もうと思った時点で、実はなにか感情が動いているはずなのですが、それを意識していましたか。

そう、人は自分の感情に気がついていないことが多いのです。

実は自分の感情をコントロールする以前に、自分の感情に気が付かないままに、逆に行動がコントロールされているものなのです。

 

たとえば、いやなことを言われたときに、強い言葉で反論をしたことがあると思います。それは相手から言われた言葉によって、自分の中に怒りの感情が生まれて、その感情の力によって反論を考え、相手に強い言葉で反論を語ってしまうのです。

 

つまり自分の感情が行動を引き起こしているのに、その自分の感情に気づかないで、ただ「あのひとが悪い」と思っているのです。

まずは、自分の感情に気づくことから、感情のコントロールも始まります。

 

2.感情に気づいて対処する

自分の感情に気づくことができたら、感情にコントロールされないうちに、気がついた時点で次の手を打ちましょう。

たとえば怒りの感情に気づいたら、ちょっと席を外したり、深呼吸をしたりしながら、怒りの感情を鎮める時間をとるのです

不安や恐れの感情に気づいたら、その原因を自分の心の中に探ってみましょう。

大切なことは、自分の感情はほかの誰でもない、自分自身の感情であることを認めることです。

誰かのせいで怒っていたり、落ち込んでいるのでは、他人に自分の感情をコントロールされてしまっているのです。そうではなく、自分の感情のコントロールは、自分ですることが、だれにもコントロールされない自由な生き方につながるのですね。

 

3.その感情の原因について考える

どうして自分は怒りの感情を感じたのだろう。そう考えることは大切です。それは自分の心の中に、その言葉に反応する「傷」があるのです。

人は自分の心の中の「傷」に不用意にふれられると、怒りの感情が生まれてきます。

「逆鱗にふれる」という言葉がありますね。温厚な竜も、のど元の「逆鱗」にふれられることを非常に嫌い、これに触れたものを攻撃するという故事から生まれた言葉です。

ある人にとっての「逆鱗」はその人の劣等感であることが多く、また過去の悲しみなどであるでしょう。その心の「傷」にふれてくる人対しては、人は怒ることで自分を守ろうとするのですね。

ですからむしろ怒りの感情がわき上がってきた時にこそ、自分自身を知るチャンスです。「自分はなぜこの言葉にこんなに怒りを感じるのだろう」と考えて、その心の「傷」に気づいて手当をしてあげることが、怒りの感情をコントロールするための有効な手段です。

 

4.感情というエネルギーを味方にしよう

感情のコントロールというと、感情を現さないように我慢したり、抑え込むことのように思われたかも知れません。

しかし、感情は人間の心の底の本質的な部分からわきあがってくるエネルギーですから、無理に我慢したり、抑え込んだりすると、ストレスとなり病気になってしまいます。

感情はおさえこむよりも、うまく付き合うことが大切です。感情豊かな人は、活動のエネルギーに溢れている人です。感情は思考や創造性を刺激するエネルギーなのです。

怒りのエネルギーも、相手を倒すためにも、自分をさらに向上させるためにも使うことができます。感情を抑え込むよりもむしろ、自分をさらに向上させるために、自分の感情とうまく付き合っていくことも、感情をコントロールするコツでしょう。

まとめ

感情をコントロールして怒りや不安に振り回されないコツについてお伝えしました。一番大切なのはまず、自分の感情に気づくことなのですね。でもこれが意外と難しいので、普段から自分の感情を意識するようにしてみてください。

そして自分の感情に気がついたら、その感情に対処したり、その自分の感情の原因について考えてみることも、感情をコントロールするためにとても有効です。最後に感情のエネルギーを抑え込まないで、自分の味方にしてさらに自分を伸ばすことも、感情のコントロールのコツです。

いかがだったでしょうか。自分の感情をコントロールするスキルは、人間関係において非常に有益なスキルですよね。ぜひ今日からトライしてみてください。

  • 自分の感情に気付こう
  • 自分の感情に自分で対処しよう
  • 感情の理由はなにかを考えよう
  • 自分の感情を味方にしよう

-より良く生きる知恵

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

「人は何のために生きるのでしょう」

Hermann / Pixabay 10年くらい前、稲盛和夫氏(当時 京セラ(株)名誉会長)の講演会を聴きに行ったことがあります。 テーマは「人はなんのために生きるのか」という興味深いものでした。 会 …

つらい出来事に、よい意味を見つける人は飛躍する

GLady / Pixabay 美しい蝶は、最初から美しい姿で、この世界に現れたわけではないですよね。 最初は見栄えの悪い幼虫として葉っぱを食べて生きています。 やがてサナギになって、そしてサナギから …

言葉には力があります

Ben_Kerckx / Pixabay 人は言葉を食べて生きています。 昔、ある国の王様が、人間がなぜ言葉を話せるのかを知ろうとして、赤ちゃんになにも語りかけてはならないという実験をしたところ、赤ち …

「寝たきり社長」という素敵な生き方

2018年1月8日の東京新聞に『「寝たきり社長」の抱く夢』という記事が掲載されていました。 脊髄性筋萎縮症の障害をかかえている、さとう・ひさむ さん(27才)についての記事です。 佐藤さんは「寝たきり …

身近な人を褒める人は幸せな人

mario0107 / Pixabay これはもう、タイトルのとおりです。 逆をいえば、 「身近な人を褒める」ことは、日本人のメンタル的に難しいことなのです。 自分の家族のこと。 夫のこと妻のこと。 …

執筆者紹介

しゅういち

牧師をしています。聖書や沢山の人との出会いを通して教えられ、気づいたことを、分かちあっています。

超わかりやすいキリスト教入門のテキストお分けします 日本人だけ知らない、世界の常識キリスト教。そのエッセンスを

【免責事項】

最善の注意をはらって情報を記載していますが、当サイトの情報は、あくまで利用者の方自身の責任でご利用頂きますよう、ご了承ください。