やさしいキリスト教入門

宇宙内を認識し悟る仏教、宇宙外からの語りかけを聞くキリスト教

投稿日:2019年9月3日 更新日:

LoganArt / Pixabay

仏教はこの宇宙内部の真理、道理を人間の認識によって悟るのですが、

キリスト教はこの世界を造られた神を認識しようとするので、

この世界の中に生きる人間の側からは認識することができず、

原理的に、神の側からの語りかけに聞くしかないのです。

仏教が最新の脳機能学、認知学と親和性が高いのは、ある意味必然で、

両者ともに、その射程は人間が認識できる宇宙内部に限られます。

ですから、宇宙を創造した神というものを、前提にはできないのです。

一方キリスト教は、この宇宙内ではなく、そとに創造主がおられ、

しかも、遠くにではなく、神は近くにおられ、語り続けていると証言します。

それは、たとえるなら、お母さんのお腹の中にいる胎児が、

胎盤という自分を包んでいる宇宙の外側から響いてくる、

子に語りかける母の愛の声を聞き取るようなイメージです。

ですから、胎盤のなかでいくら母を探してもいないのと同じで、

宇宙内に創造主を探してみても、みつかりませんが、

実はもっともこの宇宙のそばに、この宇宙を包んでいる、創造主が、

胎盤の中にいる、我が子に語りかける母親のように、

ご自分が創造した宇宙内の、神の子たちに、

預言者とか、イエスキリストの言葉や、それらを記した聖書の言葉を通して、

今に至るまで語り続けておられ、

そのような神の側からの働きかけのことを、聖霊と表現しながら、

天の親の声の響きを聞き分け、聞き取る信仰が、

キリスト教であるわけです。

-やさしいキリスト教入門

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

これほどの「ゆるし」の出来事があったとは!!

sspiehs3 / Pixabay 一九一九年、アメリカからコベルという宣教師夫妻が日本にやってきました。関東学院大学で教えながら、二〇年間大変地味な宣教活動にあけくれたかたですが、そのうちに、第二 …

<13>教会だって、結局「お金」がいるんじゃないの?

はい、その通り。 教会だって、お金は大切。もちろん必要ですよ。 でも、こんなに正面切って質問してきた人に会ったことは、今までないですね。 まあ教会では「お金」のことって話題にしにくいのだろうなと思うの …

向谷地さんの「当事者研究」って、昔から教会がしていたことかも

DGlodowska / Pixabay 心病む方々と共に生きる、北海道のベテルの家では、「当事者研究」ということをしています。 ソーシャルワーカーの向谷地さんが始められた「当事者研究」とは、 問題行 …

オリジナル賛美歌「今、振り返ってみれば」

日々の出来事の中に、神様の恵みを感じて生きることができたら、幸せですね。

あなたを決して捨てない存在がいます。だから大丈夫です

RitaE / Pixabay こんな話を聞いたことがあります。 朝鮮戦争のとき、アメリカの兵士が激しい戦場に向かいました。やがて音信が途絶え、彼はなくなったのではないかとご両親は思いあきらめていまし …