より良く生きる知恵

言葉には力があります

投稿日:2018年1月2日 更新日:

Ben_Kerckx / Pixabay

人は言葉を食べて生きています。

昔、ある国の王様が、人間がなぜ言葉を話せるのかを知ろうとして、赤ちゃんになにも語りかけてはならないという実験をしたところ、赤ちゃんは死んでしまったという話を聞いたことがあります。

人は言葉を食べて生きているのでしょう。それも愛の言葉を。

あかちゃんは無条件に愛され、大切にされます。

なにもできずに寝たままでも、お母さんにも、赤ちゃんの周りにいる人にも、愛され続けます。

たとえ大きな声で泣いても、周りの人々は我慢してくれるでしょう。

むしろ「どうしたの」とあやしてくれます。

赤ちゃんが紙おむつを汚し、夜中でもミルクをほしがっても、赤ちゃんは愛され続けるのです。

この地上に生きている人はすべて、赤ちゃんでした。

だれもが無条件の愛を経験してきたのです。もちろん、あなたも。

この無条件の愛を体験しなければ、人は生きられません。

すべての人は、そのありのままで愛されてきたのです。

ところが、いつのまにかこの無条件の愛に、条件がつき始めます。

小学校にいくあたりから、クラスの友達と比べられたり、点数で競わされることが始まります。

学校が決めた基準で計られて、評価されるということが始まります。

人と比べられて、点数で評価されて、「あなたはだめだね」という言葉を聞かされ始めます。そういう言葉を食べ始めてしまうのです。

この「あなたはだめだ」という言葉を食べ続けるなら、

「自分はだめなんだ」というセルフイメージができあがってしまいます。

言葉には力があるのです。その人を活かす力も殺す力もあるのです。

人はいくつになっても、愛され、認められ、受け入れられ、ゆるされる言葉を聞く必要があります。

否定され、責めるような言葉を聞き続けるなら、心が弱り果ててしまうのです。

人が言ってくれなくても、自分で自分に向かって

「わたしは素晴らしい」

「わたしには価値がある」

「わたしは愛されている」

「感謝します」「ありがとう」

そういうポジティブな言葉を語り続けることです。

言葉には力があるのです。

人は一日のうちに、心のなかで数え切れないくらい自分に向かって語っています。

それをセルフトークといいます。気がついていなくても、人は心のなかで語り続けているのです。

その言葉を、赤ちゃんに向かって語りかけるように、無条件に愛し、褒めて、受け入れる言葉にしていくのです。

言い方を、たとえば「だめだな」といわないで、「自分らしくないな」と言い換えることです。

「どうせ」とか「だめだ」という言葉を使わないことです。

「きっと大丈夫」「わたしにはできる」と言うことです。

たとえできても、できなくても

「わたしはここにいるだけで、素晴らしい」

「これでいいんだ、大丈夫」と言うのです。

感情が伴わなくても構いません。本当にそう思えなくてもいいのです。

言葉には力があります。潜在意識に働きかける力があります。

言葉を大切にしてみましょう。

やがて心の中から、しずかな喜びが湧いてくることでしょう。

 

↓役だったらシェアしていただけると嬉しいです!

-より良く生きる知恵

執筆者:


  1. chamanico より:

    素晴らしい、の一言です。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

いきなり、1時間後に結婚式の司式をすることになった時の話

StockSnap / Pixabay もう、5年ほど前のことです。 電話がかかってきて、急に結婚式の司式を頼まれたことがあったのです。 それもいまから1時間後に式が始まるという結婚式。 頼まれていた …

なんで、わかっちゃいるけどできないのか?

Seanbatty / Pixabay 英語の勉強を何年もしているのに、話せないとか、人の歌や楽器のうまい下手は分かるけれど、自分は歌も楽器も上手にできないということがありますよね。 小説を鑑賞するこ …

内向的リーダーの素晴らしさ

「内向的人間のすごい力」スーザンケインという2013年に出版されたミリオンセラーがある。 内向的とは、つまり、外交的社交的な性格の反対。 具体的には例えばこんなリストがあげられている。 ・グループより …

「father カンボジアへ幸せを届けた ゴッチャん神父の物語」をみて。出会いと別れの傷から実っていくもの

吉祥寺のココマルシアターで、「father カンボジアへ幸せを届けた ゴッチャん神父の物語」を観ました。 2015年、8月。カトリック神父・後藤文雄、愛称・ゴッちゃん(撮影当時86歳)のドキュメント。 …

教会というコミュニティーのアップデート

Pexels / Pixabay 「日曜日の礼拝に集う子どもたちや、わかい世代が少なくなったね」といわれて久しくなりました。 この言い方が表しているように、昔から若い人々がいなかったわけではないのです …

執筆者紹介

しゅういち

牧師をしています。聖書や沢山の人との出会いを通して教えられ、気づいたことを、分かちあっています。

超わかりやすいキリスト教入門のテキストお分けします 日本人だけ知らない、世界の常識キリスト教。そのエッセンスを

【免責事項】

最善の注意をはらって情報を記載していますが、当サイトの情報は、あくまで利用者の方自身の責任でご利用頂きますよう、ご了承ください。