comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

<マタイ20章>神は、気前のよい経営者

kstuttard / Pixabay マタイによる福音書20章を読んでの黙想 「自分のものをじぶんのしたいようにしては、いけないか。それとも、わたしの気前よさをねたむのか」

<マルコ2章>新しい生き方に招くイエス様

マルコによる福音書2章を読んでの黙想 中風の人をいやす 1数日後、イエスが再びカファルナウムに来られると、家におられることが知れ渡り、 2大勢の人が集まったので、戸口の辺りまですきまもないほ …

<マルコ6章>イエス様に神の愛が現れて

Ben_Kerckx / Pixabay マルコによる福音書6章を読んでの黙想 ナザレで受け入れられない 1イエスはそこを去って故郷にお帰りになったが、弟子たちも従った。 2安息日になったの …

<ルカ8章>イエス様を支えていた女性たち

ルカによる福音書8章を読んでの黙想 婦人たち、奉仕する 1すぐその後、イエスは神の国を宣べ伝え、その福音を告げ知らせながら、町や村を巡って旅を続けられた。十二人も一緒だった。 2悪霊を追い出 …

<マタイ11章>イエス・キリストにある安らぎ

マタイによる福音書の11章からの黙想です。 ◆洗礼者ヨハネとイエス 11:2 ヨハネは牢の中で、キリストのなさったことを聞いた。そこで、自分の弟子たちを送って、 11:3 尋ねさせた。「来るべき方は、 …