より良く生きる知恵 夫婦関係 子育て・教育 映画

世の「夫」必見 映画「今度は愛妻家」

投稿日:2019年5月15日 更新日:

最近、アマゾンプライムで観た映画。

「今度は愛妻家」2009年の作品です。

もとは演劇の作品だったものを、映画化したそうですね。

ほとんどの場面が家の中の出来事なので、劇場向きだと思いました。

それだけに役者さんの演技力が問われるところですが、実に素晴らしかったです。

わたしも、それなりに人生経験を踏んだおじさんになりましたが、演技力に最後泣かされました。

そういう意味で、夫婦喧嘩したときなど、仲直りのための薬として、

この映画はよく効く薬だと思います。

ただ、この映画においてはストーリー展開が重要なので、ここでのネタバレはしません。

回りくどい言い方をすれば、身近なこと、日常的ななかにこそ、実は本質的、普遍的なメッセージがあるということを、あらためて確認するストーリです。

夫婦の愛のすれ違い。男性と女性の愛の表現のすれ違いの悲しさと痛みとか

それゆえに、明日ではなく今日、相手のことを思いやる気持ちと、その一言の大切さとか、

一度きりの後悔のない人生のために、そんな小さなことが、実に大切であることとか、

つい、忘れがちなことを、深く気づかせられる作品です。

奥さん役の、薬師丸ひろ子の愛らしく可愛らしい振る舞いが、

シリアスで重くなりがちなこの作品のテーマを、

明るくユーモラスにして伝えてくれます。

わたしは男性なので、夫目線で観てしまいます。

豊川悦司が演じる夫役は、ちょっと屈折したカメラマンという設定で、すこし特殊な人物像なのですが、

やんちゃな男の子が、そのまま大人になったという感じで、

自分の本心を見つめるとか、そういうタイプではないのです。

こりゃ、奥さんは苦労するなーという男を絵に描いたような夫。

そんな彼が、妻を愛していた自分の本心に気づかされ、苦しみ、そして最後にもう一度立ち上がっていく。

夫の立場から観ると、そういうストーリーとして受け取ることもできるかもしれません。

ということで、これは、世の「夫」に、ぜひ観ていただきたい映画なのです。

後悔することのないためにも。

-より良く生きる知恵, 夫婦関係, 子育て・教育, 映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

その学校は、子どもたちが行きたいと思う場所なのか?

lenkafortelna / Pixabay わたしの妻は、公立の小学校で先生をしています。 公立には先生の移動があるのですが、学校によってだいぶ様子が違うようです。 彼女から小学校の教育現場の話を …

一歩社会へと踏み出す我が子へ 私の場合はこうだったよ その1

だれかの役にたつかもしれないなとおもったので、わたしの娘に、わたしが彼女と同じ年頃のころのことを、伝えるために書いたものを、少し手直しして、以下に転載します。 「パパの両親は、その当時、だんだん落ち目 …

一歩社会へと踏み出す我が子へ 私の場合はこうだったよ その2

前回のはなし 私が自衛隊の音楽隊にはいった1980年代ころまでは、まだ音楽隊に音楽大学出身者は少なく、高校のブラスバンド上がりの人が多かったです。 今は、音楽大学を出てもなかなか音楽隊に入るのは難しく …

「人は何のために生きるのでしょう」

Hermann / Pixabay 10年くらい前、稲盛和夫氏(当時 京セラ(株)名誉会長)の講演会を聴きに行ったことがあります。 テーマは「人はなんのために生きるのか」という興味深いものでした。 会 …

内向的リーダーの素晴らしさ

「内向的人間のすごい力」スーザンケインという2013年に出版されたミリオンセラーがある。 内向的とは、つまり、外交的社交的な性格の反対。 具体的には例えばこんなリストがあげられている。 ・グループより …

執筆者紹介

しゅういち

牧師をしています。聖書や沢山の人との出会いを通して教えられ、気づいたことを、分かちあっています。

超わかりやすいキリスト教入門のテキストお分けします 日本人だけ知らない、世界の常識キリスト教。そのエッセンスを

【免責事項】

最善の注意をはらって情報を記載していますが、当サイトの情報は、あくまで利用者の方自身の責任でご利用頂きますよう、ご了承ください。