より良く生きる知恵

夫婦関係を改善する一つの考え方

投稿日:2019年1月21日 更新日:

photo-graphe / Pixabay

夫婦関係を考える時、「愛」についてはよく語られると思いますが、「尊敬」については、ほとんど考えられてこなかったのではないかと思います。

お互いに「愛し合って」いるのに、なぜか小さなことで喧嘩をしてしまったり、すれ違ってしまうことがあるでしょう。

そもそも、嫌いなのに一緒になったはずではないのです。愛し合っていたはずなのに、その愛情表現がすれ違ってしまって、傷つけあってしまうということがあるわけです。

問題は「愛がない」ことにあるのではなく、「尊敬」の表現がないところにあるのではないでしょうか?

「尊敬」とは、「尊敬」に値する人に対してだけ、するものだ、という思いがあるかもしれません。

「尊敬」してほしいなら、尊敬できるようなことをしなさい、と思うでしょう。多くの人々にとって、「尊敬」とは「無条件」ではなく、「勝ち取るもの」になっているのです。

多くのばあい、お互いに相手のことを「尊敬に値する」とは思っていません。

関係のギクシャクした夫婦においては、お互いの間に「尊敬」の念が失われていることがほとんどです。

お互いに、言い分はあるでしょう。

「優しくない夫を、どうして尊敬できるの」

「妻を尊敬なんてできない。こんなに傷つけられているのに」

「わたしの望むように変わってくれたなら、尊敬してもいい」

尊敬する「条件」をクリアし続けるのは、難しいことです。

しかし、相手がどうであれ、「無条件に尊敬」すると決めて、表現してみたらどうでしょうか。これは感情はともかく、自分の決断と意思で、可能なことです。

そして、実はこの「無条件の尊敬」に絶大なる関係回復力が秘められていると思うのです。

「尊敬」の思いを伝えられて、嬉しくない人はいません。お互いに相手を尊敬していることを伝えあう時、夫婦関係は確実に良い方向へと変わり始めるでしょう。

もし、相手との関係を今よりも良くしたいという思いがある状態なら、これは試してみる価値があります。

自分の価値観や考えをいったん脇において、相手に対する尊敬を表現して伝えてみる。

チャレンジしてみませんか

-より良く生きる知恵

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

本当の自分自身になるために、どうしても必要なこと

qimono / Pixabay 細胞分裂の不思議さ 分子生物学者の福岡伸一さんの「動的平衡 生命はなぜそこに宿るのか」という本で、福岡さんはこんな興味深いことを言っておられました。 一個の卵細胞が受 …

叱ることと怒ることはちがいます

RobinHiggins / Pixabay 子どもを叱ることと、怒ることとは違うと思うのです。 子どもが、してはならないことをした時は、ちゃんと叱ってあげないと、 してはならないことはなんなのかを、 …

あなたの本当の魅力を引き出すには

Lazare / Pixabay   今、あなたは自然体ですか。 本当の自分をいきていますか? 「本当の自分ってなんだろう」と、自分でもわからなくなっているかもしれませんね。 この世から聞こ …

失業したら、人生おしまいか?

rebcenter-moscow / Pixabay  わたしは今50代です。 高校を出て、すぐに公務員として13年働きました。 そして、事情で、次の仕事も決めないままに、30過ぎて公務員をやめ、アル …

超、簡潔なキリスト教解説

前回の「超、簡潔な仏教解説」に引き続いて、 「超、簡潔なキリスト教解説」に挑んでみます。 仏教についても言えることですけれども、キリスト教についても、短い言葉で簡潔に説明するのは、実に難しいことだと痛 …