心と体の健康について 心の弱さを感じる時

「不眠解消ハーブティー」を試してみました

投稿日:2019年1月18日 更新日:

できるだけ薬は飲みたくないので

睡眠の悩みを抱えている人は多いと思います。

かつてはわたしもそうでした。眠りたいのに眠れないときほど、つらいことはないですね。

わたしの知り合いには、軽く睡眠薬を処方してもらっている方もいて、睡眠について悩んでいる人は多いんだなと、実感してるわけです。

でも私は「薬」というものは、副作用と依存性があるので、

継続的に飲むものではないと思っています。

ですから、なるべく自然な形で、睡眠のリズムを整えていく助けになる手段を探しているうちに、

睡眠と自律神経に関係があることを知り、

そして、興奮した自律神経に優しく作用するのに、昔からハーブティが使われていたことを知りました。

カモミールは神経系を鎮める

たとえば、何千年も前からカモミールは治療に使われているハーブです。炎症、心疾患、皮膚のトラブルなど、幅広い使われ、現代においてもその効能を実証する研究はたくさんあるといわれます。

一例として、分子医学に特化した『モレキュラー・メディスン・レポーツ』誌には、カモミールに含まれるフラボノイドには強力な抗炎症作用があること。カモミールは鎮痛剤や睡眠導入剤として利用可能だといっています。

カモミールは、眠りを誘うハーブとして昔から知られており、現代になってさまざまな実験が行われ、その効能が実証されているのはもちろん、神経系を鎮める効果や筋肉の緊張を緩和する効果など、身体が睡眠を必要としているときによく眠れるように身体を整える効果もあるといわれます。

寝る前に、カモミールティーを取るのは、睡眠の準備にとてもよい習慣だと思います。

今回、寝る前にハーブティーを飲む習慣を始めるにあたって、カモミールに加えて、睡眠のサポートを意識して幾つかのハーブを組み合わせたものを購入して、妻と試すことにしてみました。

ナイトリセットブレンド

あいさつ文には、社長自らが鬱を経験したことから、この商品が生まれたという、赤裸々で、まっすぐなメッセージが書かれています。

袋を開けると、ハーブのいい匂いが広がります。

よく知らないハーブがいくつも入っていたので、ネットで効用を調べてみました。

①カモミール
体内の平滑筋という筋肉の組織を落ち着かせる作用があります。
腹痛や胃痙攣、女性の生理痛を和らげます。
アズレン誘導体という物質が胃の粘膜を修復し、消化機能を正常な状態に整えます。
過敏性腸症候群や胃潰瘍などストレス症状に効果的。皮膚を様々な刺激から守り、膀胱の炎症や気管支の炎症などを和らげます。
心身をリラックスさせる効果。
夜寝る前にカモミールティーを飲むと不眠症が改善します。
 
②パッションフラワー
鎮静効果があり、神経の緊張や精神的な不安を和らげます。
緊張や精神上の不安から起こる過敏性腸症候群や不眠、頭痛、神経痛、ストレス性の高血圧や喘息に効果的。
特に寝つきの悪い人は自然と深い眠りにつくことができます。
筋肉の痙攣を和らげ痛みを鎮める効能もあります。
 
③スカルキャップ
北アメリカ原産の多年草です。アメリカインディアンが古くから薬草として利用。
ミネラルが豊富で、神経を強くし、活性化させます。
緊張や不安、ヒステリー、うつ、パニック、神経衰弱やおを緩和させます。
寝る前に飲むことで心を落ち着かせ、安眠につながります。
 
④オート
精神安定、鎮静、利尿作用、滋養強壮など。主に虚弱体質の改善や神経巣弱、不安症、タバコへの依存の解消などを目的に利用されます。

⑤リンデン
癒しの効果に優れます。
精神的な緊張・不安・イライラを取り除きます。
また、発汗、利尿作用に優れ、風邪、インフルエンザ、高血圧、上気道カタル、不眠など効果的です。

⑥レモンバーベナ
心地よいレモンの香りで神経の緊張や不安、悲しみを和らげます。不眠症にも有効
胃腸の調子を整え、消化を促進する効能もあります。

⑦マシュマロウ
粘膜保護作用に優れており、その根や葉・茎に含まれている粘液質が粘膜を覆って外部の刺激から守ります。
抗炎症作用もあり、体の内外の炎症を鎮めます。
消化器系の炎症(胃潰瘍、胃腸炎など)や呼吸器系の不調(のどの痛み、咳、気管支炎など)に効果的。
膀胱炎など泌尿器系の炎症にも効果があり。
湿布として外用しても粘液質が患部を覆って炎症を改善します。

マシュマロウは栄養価に大変優れたハーブで、ハーブティーにして常飲すると健康の維持・増進に役立ちます。

⑧ラベンダー
ラベンダーには鎮静作用があり、ストレスでこわばった心身をリラックスさせ、不安や緊張、イライラなどを和らげます。
緊張からくる偏頭痛や高血圧にも効果あり。
神経を安定させる作用。就寝前にラベンダーティーを飲むと、心身の緊張がほぐれてよく眠れます
抗菌・殺菌作用があり、防虫にも効果があり。

無農薬のハーブを、英国のメディカルハーバリストが監修してブレンドしているというので、毎日、常用する飲み物としても、まずは安心といえます。

さっそく妻と一緒に、いただきました。

毎日、ベットに入る1時間くらい前に飲んでいます。

実感しているのは眠りが深くなり、中途覚醒がなくなったことです。

眠りが深くなったことを感じます。

朝の目覚めもすっきりです。

目覚めたとき、時計をみて「こんなに眠れた」と嬉しくなります。

以前は目覚めて時計を見ると「まだ2時か」とそのまま数時間眠れなかったことがよくあったのですが、それがなくなったのは嬉しいことでした。

それだけで、幸せを感じるものですね。

ただ、睡眠薬のような、即効性や強い睡眠効果はないです。

ハーブテイーを飲んでも、なかなか眠れない日もあります。

でも、強い薬ではないからこそ、毎日常用しても健康被害もなく、

依存することもないわけですよね。

即効性よりも、むしろ

緩やかに、穏やかに、

でも、確実に一歩一歩、

毎日の睡眠のリズム、そして心と体の健康を整えるための

いい助けになると思いました。

→不眠解消ハーブティー

-心と体の健康について, 心の弱さを感じる時
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

何かしなければ自分には価値がないと、勘違いしている人への解毒メッセージ

HeungSoon / Pixabay なにかをするには、何かをされる人が必要 今日も、なにも良いことをしなかった。 それなのに、こうして生きている。 自分は、無駄に生きているんじゃないか。 &nbs …

まだ少ししか生きていない

Larisa-K / Pixabay黒澤明脚本・監督の「生きる」という映画をご存知でしょうか。 市役所に勤める平凡な主人公が、胃ガンであと半年しか生きられないと知り荒れるが、だれかのためになる仕事を精 …

矢沢永吉は、成功することとハッピーはちがうといいました。

vborodinova / Pixabay2018年の元日の朝日新聞の朝刊一面に、矢沢永吉のインタビューが載っていました。 年末の武道館で、満杯の観客を前に矢沢さんはこう言いました。 「一瞬のハッピー …

お金や仕事や人間関係が、豊かになるために

3194556 / Pixabay お金が沢山手に入ったり、仕事がうまく行ったり、人間関係が良好になれば、   嬉しい心になるし、生きる喜びも感じられると、普通考えるものですね。 &nbsp …

「人は何のために生きるのでしょう」

Hermann / Pixabay 10年くらい前、稲盛和夫氏(当時 京セラ(株)名誉会長)の講演会を聴きに行ったことがあります。 テーマは「人はなんのために生きるのか」という興味深いものでした。 会 …

執筆者紹介

しゅういち

牧師をしています。聖書や沢山の人との出会いを通して教えられた気づきの数々を、お分かちします。

超わかりやすいキリスト教入門のテキストお分けします 日本人だけ知らない、世界の常識キリスト教。そのエッセンスを

牧師がお話聴きます 牧師を20年。聖書の知恵からアドバイスもできます。