心と体の健康について 心の弱さを感じる時

「不眠解消ハーブティー」を試してみました

投稿日:2019年1月18日 更新日:

睡眠の悩み

ああ、毎日ゆっくりと安眠したい(>_<)

睡眠に関して様々な本も読み、いろいろ実践しています。

不眠の原因は様々あるわけですけれど、

メラトニンというホルモンの不足がよくいわれまね。

メラトニンの分泌は、目から入ってくる光によって調整されるので、

夜に明るい照明の中にいると体内時計が乱れて、メラトニンがでなくなって、

眠れなくなることがあるようです。

寝る前に、スマフォやPCの光見るのは、厳禁ですね。

寝ると決めたら、スマフォは見ない。これは大切な習慣。

しかし、その習慣をつけるのが難しい

サプリを試してみたことも

実は、グリシンという眠りに導くサプリを、少しの間、寝る前に飲み続けたことがあります。

ただ、やはり科学的な物質を毎日飲み続けることは、

健康にリスクがあるので、やめました。

でも、一つ収穫だったのは、寝るときめて、グリシンを飲むことで

「よし、寝るぞ」

「もうスマフォは見ない」

という、睡眠モードに自分の気持ちを切り替える効果は、ありました。

習慣とか生活のリズムは、良い睡眠のために大切なのですね。

やはり自然なものがいい

寝る前に「これから寝るぞ」というモードに切り替える、儀式として、寝る前にハーブティーを飲むことにしました。

睡眠の導入によいといわれる良質のカモミールティーを毎日飲むには、
1か月3400円かぁ・・・。

そこで、ネットを調べるうちに、睡眠と心の不調について、自律神経との関係を研究して開発されたハーブティがあることをしったのです。



自立神経には交感神経と副交感神経があります。

寝るときには、リラックスするための副交感神経が優位になるといいのですが、

ストレスのために、交感神経が優位のままになり、眠れなくなるのです。

自律神経は、自分ではコントロールできません。

しかし交感神経を沈静化させるために、昔からハーブ(薬草)が使われてきたのです。

さっそく妻と試してみることにしました。

あいさつ文には、社長自らが鬱を経験したことから、この商品が生まれたという、赤裸々で、まっすぐなメッセージが書かれています。

袋を開けると、ハーブのいい匂いが広がります。

よく知らないハーブがいくつも入っていたので、ネットで効用を調べてみました。

①カモミール
体内の平滑筋という筋肉の組織を落ち着かせる作用があります。
腹痛や胃痙攣、女性の生理痛を和らげます。
アズレン誘導体という物質が胃の粘膜を修復し、消化機能を正常な状態に整えます。
過敏性腸症候群や胃潰瘍などストレス症状に効果的。皮膚を様々な刺激から守り、膀胱の炎症や気管支の炎症などを和らげます。
心身をリラックスさせる効果。
夜寝る前にカモミールティーを飲むと不眠症が改善します。②パッションフラワー
鎮静効果があり、神経の緊張や精神的な不安を和らげます。
緊張や精神上の不安から起こる過敏性腸症候群や不眠、頭痛、神経痛、ストレス性の高血圧や喘息に効果的。
特に寝つきの悪い人は自然と深い眠りにつくことができます。
筋肉の痙攣を和らげ痛みを鎮める効能もあります。
③スカルキャップ
北アメリカ原産の多年草です。アメリカインディアンが古くから薬草として利用。
ミネラルが豊富で、神経を強くし、活性化させます。
緊張や不安、ヒステリー、うつ、パニック、神経衰弱やおを緩和させます。
寝る前に飲むことで心を落ち着かせ、安眠につながります。
④オート
精神安定、鎮静、利尿作用、滋養強壮など。主に虚弱体質の改善や神経巣弱、不安症、タバコへの依存の解消などを目的に利用されます。

⑤リンデン
癒しの効果に優れます。
精神的な緊張・不安・イライラを取り除きます。
また、発汗、利尿作用に優れ、風邪、インフルエンザ、高血圧、上気道カタル、不眠など効果的です。

⑥レモンバーベナ
心地よいレモンの香りで神経の緊張や不安、悲しみを和らげます。不眠症にも有効
胃腸の調子を整え、消化を促進する効能もあります。

⑦マシュマロウ
粘膜保護作用に優れており、その根や葉・茎に含まれている粘液質が粘膜を覆って外部の刺激から守ります。
抗炎症作用もあり、体の内外の炎症を鎮めます。
消化器系の炎症(胃潰瘍、胃腸炎など)や呼吸器系の不調(のどの痛み、咳、気管支炎など)に効果的。
膀胱炎など泌尿器系の炎症にも効果があり。
湿布として外用しても粘液質が患部を覆って炎症を改善します。

マシュマロウは栄養価に大変優れたハーブで、ハーブティーにして常飲すると健康の維持・増進に役立ちます。

⑧ラベンダー
ラベンダーには鎮静作用があり、ストレスでこわばった心身をリラックスさせ、不安や緊張、イライラなどを和らげます。
緊張からくる偏頭痛や高血圧にも効果あり。
神経を安定させる作用。就寝前にラベンダーティーを飲むと、心身の緊張がほぐれてよく眠れます
抗菌・殺菌作用があり、防虫にも効果があり。

無農薬のハーブを、英国のメディカルハーバリストが監修してブレンドしているので、

毎日飲むわたしたちにすれば、安心です。

さっそく妻と一緒に、いただきました。

毎日、ベットに入る1時間くらい前に飲んでいます。

実感しているのは眠りが深くなり、中途覚醒がなくなったことです。

眠りが深くなったことを感じます。

朝の目覚めもすっきりです。

目覚めたとき、時計をみて「こんなに眠れた」と嬉しくなります。

以前は目覚めて時計を見ると「まだ2時か」とそのまま数時間眠れなかったことがよくあったのですが、それがなくなりました。

朝まで眠れるって、当たり前ではないんですね。

幸せを感じます。

さて妻は「これって睡眠薬がはいっているの」とか言っています。

彼女もよく眠れるようです。

不眠解消に向けて、体と心のリズムを整えるための、

素晴らしい助けです。





-心と体の健康について, 心の弱さを感じる時
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

身近な人を褒める人は幸せな人

mario0107 / Pixabay これはもう、タイトルのとおりです。 逆をいえば、 「身近な人を褒める」ことは、日本人のメンタル的に難しいことなのです。 自分の家族のこと。 夫のこと妻のこと。 …

心が健康になっていくために必要なのは

oo11o / Pixabay 体は目に見えますし、悪いところがどこなのか、傷みによって知らせてくれますが、 心は目に見えませんし、体の痛みのようには、痛みを感じないので、 傷んでいるのに放置してしま …

体は疲れて眠りたいのに、寝られないときに有効なもの

C_Scott / Pixabay 疲れているのに、眠れないということがよくありますね。 体は疲れているのに、いざベッドに入ると、なかなか眠りに入れない。 そして睡眠時間は4時間、5時間。朝起きるのが …

まだ少ししか生きていない

Larisa-K / Pixabay黒澤明脚本・監督の「生きる」という映画をご存知でしょうか。 市役所に勤める平凡な主人公が、胃ガンであと半年しか生きられないと知り荒れるが、だれかのためになる仕事を精 …

人間関係を築く上で、まず大切なことは

Capri23auto / Pixabay 人間にとって、人間関係ほど大切なものはありませんね。 とくに身近な人との関係が良好であればあるほど、人は幸せを感じるものだと思います。 そして同時に、身近な …

執筆者紹介

しゅういち

牧師を20年以上しています。哲学、神学、心理学、カウンセリングなどの学びと、沢山の人との出会いを通して学んだことのエッセンスをお伝えします。