心と体の健康について 心の弱さを感じる時

「眠れるハーブティー」を試してみた

投稿日:2018年2月18日 更新日:

 

 

睡眠の悩み

緊張して、なかなか寝付けない日

夜中に目が覚めてそのまま朝まで眠れない日がありますね。

床についてもなかなか眠れないのは入眠障害。夜中に目が覚めてしまうのは中途覚醒だそうです。

わたしはその両方でした。

睡眠不足による、起立性のめまいに悩まされた時期もありますし、

頭痛とふらつきも、よくありました。

ちょっと、このまま睡眠不足が続くと、まずいなと、思っていたのです。

 

ああ、毎日ゆっくりと安眠したい(>_<)

 

以前、睡眠に関して様々な本を読み、いろいろ実践したこともありました。

 

不眠の原因は様々あるわけですけれど、

メラトニンというホルモンの不足がよくいわれます。

メラトニンの分泌は、目から入ってくる光によって調整されるので、

夜に明るい照明の中にいると体内時計が乱れて、メラトニンがでなくなって、

眠れなくなることがあるようです。

寝る前に、スマフォやPCの光見るのは、厳禁ですね。

 

寝ると決めたら、スマフォは見ない。これは大切な習慣。

しかし、その習慣をつけるのが難しい

 

サプリを試してみたことも

実は、グリシンという眠りに導くサプリを、少しの間、寝る前に飲み続けたことがあります。

ただ、やはり科学的な物質を毎日飲み続けることは、

健康にリスクがあるので、やめました。

 

でも、一つ収穫だったのは、寝るときめて、グリシンを飲むことで

「よし、寝るぞ」

「もうスマフォは見ない」

という、睡眠モードに自分の気持ちを切り替える効果は、ありました。

習慣とかリズムは大切です。

 

やはり自然なものがいい

寝る前に「これから寝るぞ」というモードに切り替える、儀式として、寝る前にハーブティーを飲むことにしました。

メンタルケア ハーブティー「ナイトリセット」

睡眠と心の不調について、自律神経との関係を研究して開発されたハーブティです。

自立神経には交感神経と副交感神経があります。

寝るときには、リラックスするための副交感神経が優位になるといいのですが、

ストレスのために、交感神経が優位のままになり、眠れなくなるのです。

自律神経は、自分ではコントロールできません。

しかし交感神経を沈静化させるために、昔からハーブ(薬草)が使われてきたのです。

さっそく妻と試してみることにしました。

あいさつ文には、社長自らが鬱を経験したことから、この商品が生まれたという、赤裸々で、まっすぐなメッセージが書かれています。

 

 

袋を開けると、ハーブのいい匂いが広がります。

よく知らないハーブがいくつも入っていたので、ネットで効用を調べてみました。

 

①カモミール
体内の平滑筋という筋肉の組織を落ち着かせる作用があります。
腹痛や胃痙攣、女性の生理痛を和らげます。
アズレン誘導体という物質が胃の粘膜を修復し、消化機能を正常な状態に整えます。
過敏性腸症候群や胃潰瘍などストレス症状に効果的。皮膚を様々な刺激から守り、膀胱の炎症や気管支の炎症などを和らげます。
心身をリラックスさせる効果。
夜寝る前にカモミールティーを飲むと不眠症が改善します。②パッションフラワー
鎮静効果があり、神経の緊張や精神的な不安を和らげます。
緊張や精神上の不安から起こる過敏性腸症候群や不眠、頭痛、神経痛、ストレス性の高血圧や喘息に効果的。
特に寝つきの悪い人は自然と深い眠りにつくことができます。
筋肉の痙攣を和らげ痛みを鎮める効能もあります。③スカルキャップ
北アメリカ原産の多年草です。アメリカインディアンが古くから薬草として利用。
ミネラルが豊富で、神経を強くし、活性化させます。
緊張や不安、ヒステリー、うつ、パニック、神経衰弱や神経過敏を緩和させます。
寝る前に飲むことで心を落ち着かせ、安眠につながります。

 

④オート
精神安定、鎮静、利尿作用、滋養強壮など。主に虚弱体質の改善や神経巣弱、不安症、タバコへの依存の解消などを目的に利用されます。

 

⑤リンデン
癒しの効果に優れます。
精神的な緊張・不安・イライラを取り除きます。
また、発汗、利尿作用に優れ、風邪、インフルエンザ、高血圧、上気道カタル、不眠など効果的です。

 

⑥レモンバーベナ
心地よいレモンの香りで神経の緊張や不安、悲しみを和らげます。不眠症にも有効
胃腸の調子を整え、消化を促進する効能もあります。

 

⑦マシュマロウ
粘膜保護作用に優れており、その根や葉・茎に含まれている粘液質が粘膜を覆って外部の刺激から守ります。
抗炎症作用もあり、体の内外の炎症を鎮めます。
消化器系の炎症(胃潰瘍、胃腸炎など)や呼吸器系の不調(のどの痛み、咳、気管支炎など)に効果的。
膀胱炎など泌尿器系の炎症にも効果があり。
湿布として外用しても粘液質が患部を覆って炎症を改善します。

マシュマロウは栄養価に大変優れたハーブで、ハーブティーにして常飲すると健康の維持・増進に役立ちます。

 

⑧ラベンダー
ラベンダーには鎮静作用があり、ストレスでこわばった心身をリラックスさせ、不安や緊張、イライラなどを和らげます。
緊張からくる偏頭痛や高血圧にも効果あり。
神経を安定させる作用。就寝前にラベンダーティーを飲むと、心身の緊張がほぐれてよく眠れます
抗菌・殺菌作用があり、防虫にも効果があり。

 

 

無農薬のハーブを、英国のメディカルハーバリストが監修してブレンドしているので、

毎日飲むわたしたちにすれば、安心です。

さっそく妻と一緒に、いただきました。

 

毎日、ベットに入る1時間くらい前に飲んでいます。

実感しているのは眠りが深くなり、中途覚醒がなくなったことです。

眠りが深くなったことを感じます。

朝の目覚めもすっきりです。

目覚めたとき、時計をみて「こんなに眠れた」と嬉しくなります。

以前は目覚めて時計を見ると「まだ2時か」とそのまま数時間眠れなかったことがよくあったのですが、それがなくなりました。

朝まで眠れるって、当たり前ではないんですね。

幸せを感じます。

 

さて妻は「これって睡眠薬がはいっているの」とか言っています。

彼女もよく眠れるようです。

私たち二人には相性が良かったようですね。

睡眠不足の習慣がもたらす、仕事や健康のデメリットは大きいですから、

毎日の安眠習慣のための投資として、続けてみます。



 

※ちなみに、よい品質のカモミールティーを飲もうと思ったら、
15日分で1400円。30日分で2800円ほどするんですね。

-心と体の健康について, 心の弱さを感じる時
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

関連記事

心が健康になっていくために必要なのは

oo11o / Pixabay 体は目に見えますし、悪いところがどこなのか、傷みによって知らせてくれますが、 心は目に見えませんし、体の痛みのようには、痛みを感じないので、 傷んでいるのに放置してしま …

あなたを決して捨てない存在がいます。だから大丈夫です

RitaE / Pixabay こんな話を聞いたことがあります。 朝鮮戦争のとき、アメリカの兵士が激しい戦場に向かいました。やがて音信が途絶え、彼はなくなったのではないかとご両親は思いあきらめていまし …

人間関係を築く上で、まず大切なことは

Capri23auto / Pixabay 人間にとって、人間関係ほど大切なものはありませんね。 とくに身近な人との関係が良好であればあるほど、人は幸せを感じるものだと思います。 そして同時に、身近な …

不安と恐怖の違い

  TheDigitalArtist / Pixabay恐怖と不安は違います。 不安と恐怖は、違います。 恐怖は原因がはっきりしていることです。 不安は原因がはっきりしていないものをいいます …

心の病に安易に薬を飲んではいけない

rtdisoho / Pixabay 「心の病に薬はいらない」著:内海聡(うつみさとる)から、鬱や心の病を薬によって治そうとすることの危険性について、短くお伝えします。   重要な部分を引用 …

執筆者について

執筆者:しゅういち

東京、山形などで牧師をし、現在は東京都小平市の花小金井キリスト教会で牧師をしています。牧師になるまえは、プロの吹奏楽団で仕事をしていました。

世界のベストセラーである「聖書」から、毎週日曜日、わかりやすくおはなししています。教会のホームページもどうぞご覧ください。

→詳しいプロフィールはこちら